グルメ
2018/3/13 21:19

独特の食感と「濃さ」がいい! ビールが10倍ウマくなるホテイフーズの缶詰「やきとり(塩味)」

焼き鳥とビールといえば、日本の居酒屋の王道のマッチング。人によっては、「ビール飲むなら焼き鳥以外ありえない!」という人もいるほど、日本人にはなじみの深い組み合わせと言えます。今回はそんな正義な組み合わせを、インスタントに自宅で実現してみました。

 

しっかりした歯ごたえが満足感を際立たせる!

今回手に入れたのは、ホテイフーズの「やきとり(塩味)」。国産鶏肉を使用し、じっくり炭火で焼き上げた味わいは居酒屋の味にも決して劣りません。

 

特筆すべきはその食感。皮のコリコリ感が通常の焼き鳥に比べて強く、焼きたてとは異なる独特の感覚があります。肉の部分も普通の焼き鳥よりやや硬め。しっかりした歯ごたえがあり、皮のコリコリ感と合わせて、満足感を際立たせてくれました。味付けはシンプルな塩味。ただ、やや濃い目に仕上がっているため、人によっては塩辛いと感じるかもしれませんが、それだけにお酒との相性は抜群。また、濃いと感じる人は、キャベツの千切りなど、箸休めとなる付け合わせを添えるのがベストでしょう。

鳥とともに缶に入っているエキスも美味なので、缶ごと白米の上にあけて、焼き鳥丼として楽しむのもおすすめです。その場合は、1缶では少し寂しいから、2缶ほど買っておくのがよいでしょう。

 

今回合わせたお酒は、もはや書くまでもなくビール。やきとりの味が強めなので、それに負けない苦みの強いビールを合わせたいところ。おすすめとしては飲みごたえの強いキリン クラシックラガーあたりでしょうか。

 

単品でも満足度の高い本品ですが、ビールと合わせることによって、満足度がより強調されるような気がします。焼き鳥をパクリ、ビールをゴクリ。すると「プハーッ!」と言葉を吐きたくなるような、あの感覚がやってくるのです。

ホテイフーズ
やきとり(塩味)
希望小売価格 173円

TAG
SHARE ON