グルメ
2018/3/29 21:14

「これは恐ろしいコンビだ…」ローソン「磯貝だし醤油焼き」に日本酒が止まらない

銘柄による味の違い、米の旨み、芳醇な香り、飲んだ後のスッキリ感……。日本酒の魅力を挙げればキリはありません。そして、筆者もその魅力に惚れ込んでいるひとり。ただ、お酒だけで楽しむのはしんどいですから、やはり合うおつまみが欲しいところ。今日は日本酒フリークの筆者が見つけ出した、超絶日本酒に合うコンビニおつまみをご紹介します。

 

噛んで満足、味わって満足! 2重の楽しみがある和の逸品

パッケージに踊る貝にそそられ、思わずこの商品を手に取りました。それがローソンのPB「ローソンセレクト」の「磯貝だし醤油焼き」。商品名に「磯貝」とありますが、使われているのは回転寿司でもおなじみのアカニシ貝。きっとあのこりこりとした食感が楽しめるのだろうと迷わずに買いました。

 

袋を開けてみると、さっそくだしの香りがぷーんと漂ってきます。下の写真のように、内容物はすべてひとつひとつパックされているのですが、それすら貫通してくる香りに、相当香り高いだしを使用しているのではないかと期待が高まります。

ひとつひとつパックを破り、皿に盛りつけてみました。真空パックのような形になっているので、身を押し出して開けていくのですが、すでにその時点でぷりぷりとした感触が伝わってきて、歯ごたえを想像させます。

噛みしめてみた第一印象は「クセがなくてうまい!」。これなら貝の生臭さが嫌いという人も大丈夫そうです。歯ごたえは予想通りコリコリしていて、それでいて固すぎることもなく、適度な満足感があります。また、噛めば噛むほど味が染み出てくる、スルメのような長所もあることがわかりました。「食感で満足、味わって満足」と2度楽しめるわけですね。

 

さて、本品に合わせたお酒は、もちろん日本酒。今回は「久保田」の純米大吟醸を合わせました。貝を噛んで噛んで味が出たところに、酒をちょろっと通します。すると口のなかでしょうゆ風味のだしの味と日本酒の甘みが混ざり合って……これが実にいいのです。このうまさを何度も堪能としようとしていると、気付いたころにはお酒がかなり進んでいました。グラス1杯をペロッと……。いやはや、恐ろしいコンビです。

 

合わせるお酒について、今回は常温で試してみましたが、燗をした日本酒ならもっと合うかもしれません。また、あえて白ワインを合わせて和洋折衷な組み合わせも面白そう。適度な旨みがあり、かつ透明感のあるお酒なら何にでも合いそうな、素敵なおつまみでした。

ローソン
磯貝だし醤油焼き
実売価格308円

 

TAG
SHARE ON