グルメ
2018/4/25 21:00

自分への「ごほうび晩酌」に最高! 食感がほぼトロの成城石井「スモークサーモン スライス」

いつもよりすこし贅沢な晩酌を楽しみたい夜。あなたなら何をつまみに選びますか?  筆者が真っ先に選びたいのがスモークサーモン。刺身はやはり高級感がありますし、スモークともなれば酒のつまみにはぴったり。今回は、なかでも筆者が大好きな成城石井の「スモークサーモン スライス」を紹介していきたいと思います。

 

肉厚でトロのような食感、ほどよい味付けが絶品!

成城石井「スモークサーモン スライス」は、南米はチリ産のサーモンを使った商品。封を開けるといきなりスモーキーな芳ばしい香りがして食欲が刺激されます。見た目は1枚1枚の身が非常に肉厚。見るからに食べ応えがありそうです。

 

さっそく食べてみると、身はとても柔らかくトロトロ。舌触りだけでいえば、まるでマグロのトロを食べているかのよう。塩加減は甘すぎず辛すぎず、ちょうどいい塩梅。強く香るスモークも主張しすぎることはなく、身に適度な甘みを加えてくれます。脂はバッチリのっていますが、しつこく感じることはありません。食べ応えよし、食感よし、味付けよしと3拍子揃った隙のないおつまみといえるでしょう。

今回は、サーモンととも「甲州」種のぶどうを使ったジャパニーズ白ワインを楽しんでみました。甲州種は国内全域で栽培されている日本土着の白ぶどうで、これを使ったワインは穏やかですっきりしていて、適度な渋みと味わい深さを兼ね備えているのが特徴。当然、魚介のメニューにはぴったりと考え、サーモンと合わせてみました。

 

すると、サーモンの脂が白ワインのおかげでキレイに洗い流され、口の中が爽快になりました。ワインの渋みはサーモンのコクのおかげでまるで気にならず、お互いが見事に溶け合って、これは素晴らしいハーモニーです。その他、辛口の日本酒とあわせても、サーモンの味がまろやかになり、後味の辛さ・爽快感を味わえました。もちろん、炭酸強めのハイボールや、柑橘系のサワーにも相性は良さそう。

 

価格は税込みで1026円とやや値は張りますが、頑張った自分へのご褒美にはうってつけ。少し特別な夜に、選んでみてはいかがですか?

 

成城石井
スモークサーモン スライス 150g
実売価格1026円

TAG
SHARE ON