グルメ
2018/5/1 21:00

本当に、焼きたて牛たんのニオイがする! 赤ワインとも相性バツグンの「仙台発祥牛たんジャーキー」

牛たんといえば、その独特の歯ごたえや味わいが好まれ、好物に挙げる人も多い食材です。でも近年ではその価格がやや高騰していて、手軽に味わえるものではありませんね。ところが最近、そんな牛たんをリーズナブルに味わえるジャーキーを酒屋で発見。迷わず購入しました。

 

牛たんの旨みだけを堪能できる、牛たん好きのための一品

その商品とは、カネタ「仙台発祥牛たんジャーキー」。価格も一袋で400円弱と、意外に安いのがうれしいところです。パッケージには、仙台の英雄・伊達政宗の銅像のシルエットと、「牛たんのおいしさが手軽に楽しめ食べやすいひとくちサイズに仕上げました」の文字。そして網焼きされる牛たんのあざやかな写真があしらわれています。いやがおうにも食欲がそそられるというもの。

 

袋を開けてみると、まずその匂いにびっくり! 普通のビーフジャーキーと異なる、焼き立ての牛たんを感じさせるようなあの独特な甘い香りがするのです。見た目は、サラミにも似た円形をしており、均等な一口サイズにカットされています。

口に入れると、噛む前から肉の旨みが甘くしみだし、噛んでいけばより深い旨みが口の中に広がっていきます。なんともスルメのようなビーフジャーキーです。肉はやわらかいので簡単に噛み切れますが、しばらく味がしみだしていますから、飲み込まずに噛み続けてもいいでしょう。

 

本品は、ペッパーなどの余計な味付けがないため、ジューシーな牛たんの風味を存分に味わえるのもうれしいポイント。ジューシーさをもっと出したい方には、少しだけ火であぶるというのもおすすめです。

 

さて、そんな肉の甘みにあふれるジャーキーのお供として選んだお酒が、酒専門店、やまやで売られていた安旨ワイン「カルメヤン カベルネ/メルロー」。タンニンが多く含まれ深い味わいが特徴のカベルネ・ソーヴィニヨンと、甘い果実香とまろやかな味わいのメルローという2種のぶどうをブレンドしたボルドーワインです。ミディアムボディで、渋すぎず、しかし飲みやすすぎず、オールマイティな1本です。

牛たんジャーキーと合わせると、肉の甘味に加えてぶどうの適度な渋みや苦みが入りまじり、バランスが絶妙。ワインはそれほど香り高いタイプではないため、肉の風味を損なわず、むしろワインの渋みが肉の甘みをより引き立てますから、牛たんの味にも深みが増します。両者とも、飲み込まずにずっと楽しんでいたいと思わせてくれる味わいでした。

 

カネタ
仙台発祥牛たんジャーキー
実売価格410円

TAG
SHARE ON