グルメ
2018/7/4 21:00

濃厚カクテルと合わせると「魔性の味」がパワーアップ! 成城石井「ホワイトチョコと苺のポルボローネ」

乾きもの系のおつまみは似たようなものが多く、どうしてもマンネリ化してしまいがち。そこで今回筆者が試してみたのは成城石井desica「ホワイトチョコと苺のポルボローネ」。フランス産の小麦粉を使った甘い生地を、栃木県名産の苺・とちおとめのパウダーを混ぜたホワイトチョコでコーティングしたスイーツです。

 

なぜかクセになる激甘スイーツを、あえておつまみとして紹介

袋を開封すると周囲に漂うのは苺と砂糖の甘い香り。製品の甘さ具合が、香りからも伝わってきます。ひとくちサイズでひとつひとつは小さいのですが、初めてそれを食べた際の感想は「とにかく甘い!」。コーティングに使われている、チョコ、苺パウダーの甘さもさることながら、スイーツの大部分を占めている生地の部分がとにかくスイート。今回は異色のおつまみとしての紹介ですが「スイーツとしても紹介しなおしたい」と思わされるくらいの激甘っぷり。それなのになぜかクセになってしまう味で、次々に口へと放り込みたくなります。まさに魔性の味ですね。

 

甘く濃厚なカクテルを合わせると「魔性の味」がパワーアップ

というわけで、激甘なこのポルボローネ、合わせるお酒をかなり選びます。筆者のチョイスはこれまた甘く濃厚なカクテル「ホワイトルシアン」。ウォッカとカルーア(コーヒーのリキュール)を割り、生クリームを足したもの。とことん甘いスイーツに対して、徹底的に甘い組み合わせにしてみたのです。

イヤというほど甘ったるく……はならず、ウォッカのアルコールのおかげか、尖っていた甘さが丸くなった印象。さらには生クリームのおかげでクリーミー感が増し、コーヒーの風味は甘酸っぱさにこれ以上なくマッチ。魔性の味がパワーアップして、さらにクセになってしまいそう。毎日食すにはさすがにキツいですが、数か月に1度くらいは……という組み合わせでした。

 

もっとベーシックなお酒と合わせるのであれば、たとえばラムのロック。筆者はラム酒の「キャプテンモルガン」が好きで、これがとにかく好相性です。キャプテンモルガンのバニラの香りがいいアクセントとなり、単品で食べるのとは明らかに違った奥深い風味になりました。どうしてもポルボローネの甘さが気になるという人は白ワインという選択もアリ。この場合は、飲みやすいものではなく、やや渋いものをチョイスするのがよいでしょう。甘みが中和されて食べやすくなります。

とにかく、とことん甘いスイーツ、ポルボローネ。はじめて食べると驚くかもしれませんが、甘党の方には確実に刺さる一品です。おつまみとしてはかなり異色ですが、たまにはこのような「甘々」な夜も悪くはありませんよ。

 

【満足度ポイント】

ホワイトルシアン(ウォッカ+カルーア+生クリーム) ★★★★★

ラム(ロック)  ★★★★★

白ワイン  ★★★★

 

成城石井desica

ホワイトチョコと苺のポルボローネ

実売価格486円

TAG
SHARE ON