グルメ
2018/9/25 21:38

世界一ビールに合うのではないか? あの「世界の山ちゃん」の味を再現した「てばさきいか」

「世界の山ちゃん」を知っていますか? 手羽先を名物とする名古屋発祥の居酒屋で、全国12の都道府県に加え、香港、タイ、台湾、マレーシアなど、海外にも進出している有名店です。その手羽先は、濃くスパイシーな味付けがクセになる一品なのですが……実はその味が、なんとさきいかになっているというのです。

 

 

せんべろの居酒屋メニューを彷彿とさせる濃い味わい

その商品は、アクシス「世界の山ちゃん てばさきいか 幻の手羽先風味」。パッケージでは「世界の山ちゃん」のイラストを前面に押し出しているのが印象的です。封を開けると、もうスパイスの香りが強烈! ペッパーをはじめとするスパイシーな香りは、“あの手羽先”の味を忠実に再現していることを示しています。

さきいかには黒コショウが「これでもか」とふりかけられていて、見た目はしっとりしている印象。香りも外見も、明らかに通常のさきいかとは違います。味わいの特徴は、ほかに例がないのではないか、と思うほど甘みが濃厚なこと。いか本来の甘みに加え、調味料による甘みも加えられていて、噛めば噛むほどその甘さは強くなっていきます。甘さに続いて、今度はコショウが主張しはじめ、徐々に口がピリピリしはじめてパンチ力を感じます。

 

噛み応えは極めてやわらかい一方で、調味料のせいで若干のシャリシャリ感があるのも特徴。濃い味付けも含め、まるでせんべろの居酒屋メニューのような、クセになる刺激があります。

 

実は、最もビールに合うさきいかではないか?

食べていて確信しました。この「てばさきいか」、「最もビールに合うさきいか」であると。

甘さと辛さのダブルパンチがある本品は、食べているとどうしても酒が飲みたくなるのですが、そこにはやっぱり突き抜けた爽快感がほしいところ。ということでキンキンに冷やしたビールを試してみたところ、のどごしのよさが際立ってもう最高。このさきいか、ビールのために存在しているのかもしれません。

 

ほかのお酒なら焼酎や日本酒でも美味。ただ、本品がかなり刺激的な味付けであるため、やはりゴクゴク飲むお酒が向いています。気軽に酔いたいけれど、一発ガツンと来るおつまみがほしい、そんなときにこそ食べてほしい一品ですね。

 

【満足度ポイント】

ビール ★★★★★
焼酎(芋・ロック) ★★★★
日本酒 ★★★★

アクシス

世界の山ちゃん てばさきいか 幻の手羽先風味(27g)

237円

TAG
SHARE ON