グルメ
2019/2/3 11:00

「プリンの原体験」を呼び起こす! 約200円のカルディ「こだわりプリン」食べ比べ

「プリンの味は食べてみなければわからない」(The proof of the pudding is in the eating.)という有名な英語のことわざをご存じですか? 日本でいえば、「論より証拠」と同様の意味ですが、やはりプリンは食べてみないとわかりませんよね。というわけで、普段あまり甘いものを食べない筆者も(ダイエット中)、カルディオリジナル商品から「これぞ」と思うものをチョイスして食べ比べしてみました。以下で、美味しかった順にランキング形式でご紹介していきましょう!

 

【第3位】

さつまいも本来の風味が口いっぱいに広がる!

カルディオリジナル

安納芋プリン 70g

199円(税込)

糖度の高いさつまいもの一種、安納芋をふんだんに使ったプリン。ねっとり、しっとりした舌触り。甘さは控えめですが、芋本来の甘さが際立つオトナの味わいです。その風味といい、香りといい、まるで焼き芋を食べているかのよう。冷蔵庫で冷やして食べると一層美味しく食べられます。サツマイモが好きな方はきっと気に入るはず。ぜひお試しくださいね。

 

【第2位】

きなことプリンの意外な相性に驚いた

もへじ 

きなこぷりん 105g

216円(税込) 

カルディの和のオリジナルブランド「もへじ」のきなこプリン。きなこというと粉っぽさを想像しますが、こちらのきなこは特殊製法で微粉にしてあり、舌触りが極めて滑らか。もっちり、むっちりしていて甘さは控えめながら、「これでもか」というくらいきなこの風味が濃厚なのに驚きです。黒糖蜜をかけて食べるとさらに美味とのこと。とはいえ、プリンにきなこを組み合わせるなんて、「もへじ」も大胆ですね。

 

【第1位】

上質なカスタードクリームのような濃密でリッチな味

もへじ 

北海道こだわりぷりん 105g

226円

北海道産の牛乳と卵で作ったとろりとしたプリン。牛乳と卵の自然なコクが口の中で贅沢に広がり、まるで上質なカスタードクリームを食べているかのような、濃密でリッチな味わいがたまりません。カラメルなしでじっくりと素材の美味しさを堪能ください。そうそう、あまりにもふわふわでトロトロなので、器にひっくり返して食べることができません。そのままスプーンでお召し上がりくださいね。

余談ながら、今回の試食で筆者が子どものころ、デパートの大食堂で食べさせてもらった「プリン・ア・ラ・モード」を思い出しました。とろりとしたプリンに生クリーム、フルーツでデコレーションされたカラフルな器……それを目にすると、いつも興奮マックスだったなぁ……。と、カルディのプリンが、まさかそんな昔の記憶を呼び起こすとは。まさに、「プリンの味は食べてみなければわからない」ですね。

TAG
SHARE ON