グルメ
お酒
2016/6/8 16:00

「せんべろ」はもう古い! 2000ベロなら本当に酔えてしかもチェーン店が狙い目【大戸屋/餃子の王将編】

激安の大衆酒場のうち、1000円でベロベロに酔える店を「せんべろ」といいます。でも実際、本気でおいしくベロベロになるには1000円では無理かも……。そこで、ジャンルの異なる8つの人気チェーン店をピックアップし、激ウマメニューを調査しました。安酒を愛するライター・佐藤 喬さんが“ベロベロになる極意”も伝授。英世2枚で楽しむ「2000ベロ」を提案します。今回紹介するのは、和と中華の優良チェーン2店舗!

 

※:データはすべて2016年4/15日現在のもの

 

フリーライター・編集

佐藤 喬さん

129A_R

1983年生まれ。安酒と自転車を愛する。手頃な価格で満足できる「2000ベロ」を追求中です。

 

和の総菜とアルコールで上品な晩食を

大戸屋

1958年に創業され、いまや海外にも展開。看板メニューは和定食で「チキンかあさん煮定食(848円)」が特に人気です。清潔感あふれる店内や多彩なデザートも魅力で、女性からの支持も上々。定食はすべて単品オーダーが可能なので、アルコールと合わせてワンランク上の晩酌が楽しめます。

【DATA】

実施店舗数:344

つまみの種類:約60

つまみの価格帯:51~1195円

酒の種類:10

酒の価格帯:250~736円

 

【オススメの2000円セレクト】

ohtoya_133A_R

↑生ビール:498円

ohtoya_133E_R

↑大戸屋風ばくだん小鉢:401円

ohtoya_133D_R

↑手造り豆腐:198円

ohtoya_133B_R

↑梅あんの茶碗蒸し:100円

ohtoya_133C_R

↑沖目鯛の油麹漬け炭火焼き(単品):803円

計2000円

 

佐藤 喬直伝! “ベロベロ”になる極意

健康的な和食が豊富でヘルシーな晩酌が楽しめる

「野菜に魚、豆腐、納豆、海藻など、栄養バランスのよい総菜が豊富です。健康的な料理をつまみながらビールを嗜み〆にご飯を食べるなど、ヘルシーに飲みたいときはオススメのお店です」(佐藤さん)

 

【小ネタ】

家庭的な味で一杯

ohtoya_133F_R

「大豆とひじきの煮物」(159円)など家庭的な料理もあります。日本酒と合わせれば心も和みます。

 

 

王道の中華をガッツリ味わって紹興酒でキュッ!

餃子の王将

1967年に京都・四条大宮で創業し、2017年に50周年を迎える大衆中華チェーン。店名に掲げる餃子を筆頭に、焼めしや天津飯などヒット商品は多数。酒のアテとなる点心も豊富で、少しつまみたいときに最適な「ジャストサイズメニュー(108円~)」があるなど、酒飲みにうれしい配慮が満載です。

【DATA】

実施店舗数:710

つまみの種類:約40

つまみの価格帯:108~669円

酒の種類:13

酒の価格帯:194~496円

 

【オススメの2000円セレクト】

ohsyo_133N_R

↑生ビール(ジャストサイズ):194円

ohsyo_133P_R

↑紹興酒(小瓶):410円

ohsyo_133R_R

↑新日本ラーメン:691円(東日本)

ohsyo_133O_R

↑餃子:259円(東日本)

ohsyo_133Q_R

↑エビチリ(ジャストサイズ):360円

計1914円

 

【佐藤 喬直伝! “ベロベロ”になる極意】

ジャストサイズで腹と財布事情の調整を

「2000ベロにうってつけなのが『ジャストサイズメニュー』。店舗によって15種前後の料理があり、例えば餃子は3個で129~140円。そのほかも100~400円程度なので調整しやすく重宝します」(佐藤さん)

 

【小ネタ】

京都・烏丸御池に新業態店が誕生

ohsyo_133S_R

スタイリッシュな「GYOZA OHSHO烏丸御池店」が開業。酒にはワインやカクテルもあります。

 

●店舗数は国内のもので、メニューの種類や価格はテイクアウトを除きます。また店舗によって異なる場合があります。

 

【URL】

大戸屋 https://www.ootoya.com/

餃子の王将 http://www.ohsho.co.jp/