グルメ
カレー
2016/6/18 11:25

たかがレトルトと侮るなかれ! 最新レトルトカレーは専門店顔負けの味

イマドキのレトルトカレーには専門店顔負けの味を誇る逸品がたくさん! ここでは、レトルトカレーを豊富に取り扱う「北野エース」がセレクトした、カレーの名店プロデュースの製品を、フードアナリストの中山秀明さんが実食してランキング&レビューしました!

 

【関連記事】

18禁の“痛い”カレーも登場!! 超個性派VS高級派レトルトカレーランキング

 

北野エース

全国に約70店舗を展開するフードのセレクトショップ。国内外のおいしくて珍しい食材や調味料などを販売しています。

50_X_R

↑二子玉川店の様子。ドレッシングなどの調味料のほか、アルコール飲料も豊富に取り扱っています

※:店舗によって商品がない場合や、価格が異なる場合があります

 

【私がセレクトしました!】

北野エース バイヤー

吉岡 武さん

東日本エリアを担当。レトルトカレーを中心に全国から逸品フードを発掘し、商品力の向上に尽力しています。

 

おいしいことはもちろん総合的な満足度を重視した

カレーはもはや、日本人の国民食。レトルトでも本格的な味わいを楽しめる製品が数多く登場しています。そのなかで、食通の注目を集めているのが、フードセレクトショップの北野エース。店舗によって350種類以上の製品を取り扱うなど、レトルトカレーの品揃えが豊富です。同店バイヤーの吉岡 武さんに話を聞きました。

 

「店で扱う製品を選ぶ際、まずは見た目を重視します。パッケージはお客様の興味を引く大切な要素。さらにご当地のカラーや、入っている食材に特徴があるかをチェックします。最後に味を確認し、価格とのバランスなどを考慮して決めていますね」(吉岡さん)

 

そのなかから、吉岡さんが特にオススメ品として太鼓判を押す逸品が、今回取り上げるカレーたち。

 

「味がおいしいことはもちろん、サプライズ要素など、総合的に満足度が高いと思う製品をセレクトしました。それぞれまったく異なる個性があるので、ぜひ食べ比べていただきたいです!」(吉岡さん)

 

第1位

デミグラスの甘苦さがクセになるコク深い味

50_A_R

50_B_R

新宿中村屋

純欧風ビーフカリー

実売価格465円

中村屋はインドカレーで有名ですが、欧風カレーも絶品。じっくり煮込んだデミグラスソースは、甘味と苦味がマッチした、リッチでコク深い味わいです。「マイルドな辛さが◎。オムライスにも合います」(中山さん)

【判定】

名店再現度:5

スパイシー度:3

コスパ:5

 

 

第2位

3種の肉が絶妙に調和した魅惑の味わい

50_G_R

50_H_R

銀座インドレストラン

ナイルさんのキーマカレー

実売価格406円

1949年創業の、日本最古の本格インド料理店の味を再現。牛、豚、鶏の3種の肉が調和した深いテイストです。「香味が芳醇! さらに、別添えでスパイスを同梱するほどのこだわりぶりです」(中山さん)

【判定】

名店再現度:4

スパイシー度:5

コスパ:4

 

第3位

煮込んだ素材がたっぷり溶けた素朴なカレー

50_I_R

I_86_L

五島軒

函館カレー

実売価格378円

1879年に創業した、北海道を代表する老舗洋食店直伝の味。北海道産の豚肉と国産野菜がたっぷり入った手作り風カレーです。「スパイシーだけど絶妙にマイルド。素朴なカレーのお手本ですね」(中山さん)

【判定】

名店再現度:4

スパイシー度:4

コスパ:4

 

【URL】

新宿中村屋 https://www.nakamuraya.co.jp/

純欧風ビーフカリー https://www.nakamuraya.co.jp/products/curry/007/001.html

ナイルさんのキーマカレー http://item.rakuten.co.jp/otoriyosestadium/050702/

五島軒 http://www.gotoken.hakodate.jp/

函館カレー http://ap.host.jp/cgi-win/shop/i_data.exe?shop/shop.ini+gotoken+86+501-0

北野エース https://www.ace-group.co.jp/