グルメ
2019/11/10 20:00

炊飯器生活から戻れなくなるかもしれない、「ご飯専用鍋」のおすすめはコレだ!

みなさんはお鍋で炊いたごはんを味わったことはありますか? お米の炊き方といえば炊飯器を使う方法が一般的ですが、炊飯に特化した工夫が施された専用のお鍋を使う人のなかには「お鍋で炊いたごはんを食べて、もう炊飯器には戻れなくなった」という人もいるほど、鍋でもおいしくご飯を炊くことができるんです。

 

また、近年多い災害時の停電でも、カセットコンロとお鍋があればごはんを炊けるので、お鍋でごはんを炊く方法を知っておいても損はないでしょう。そこで今回は、おいしく炊けるごはん鍋5選をご紹介します。

 

目次

 


世界中のシェフに愛されるブランド発のごはん鍋


ストウブ La Cocotte de GOHAN 40509-703


 


 

「もっとおいしいごはんが炊けるココットを!」をコンセプトに開発された究極のココット「La Cocotte de GOHAN」は、高い蓄熱性を誇る刃釜のカタチをした鋳物ホーロー鍋。世界のシェフに愛されるストウブが、日本のごはんのおいしさを引き出すべく開発されました。

 

炊飯時の対流を考慮した丸みのあるフォルムに、蓋の裏にはシステラ(突起)を取り入れたことで、熱をむらなく全体に回し、一気に炊き上げたお米はふっくらツヤツヤな米粒が立った仕上がりに。またココット同様に、さまざまな料理にも大活躍します。ユーザーからは「これに出会ってからはご飯を炊くのが楽しくなりました」なんて声も。

【詳細情報】
サイズ:210×160×155mm(フタを除く高さ:114mm)
重量:2.35kg

 


軽くて使い勝手のよいアルミキャストごはん鍋


ティファール(T-fal) キャストライン アロマ ライスポット3合炊き E22195


 


 

アルミキャスト製&厚い底面のため、熱伝導・蓄熱性に優れたごはん鍋です。「キャスト」とは、加熱して溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後に型から出す製法で、形状や深さを自在に成形可能。鉄よりも軽くて使いやすく、熱伝導に優れたアルミニウム製のキャストは、日々の料理をストレスなく、グレードアップしてくれます。キャストラインライスポットは、ふきこぼれしにくい構造を採用。さらに、中面・外面にフッ素樹脂加工を施しているので、ごはんがこびりつきにくく汚れがサッと落ちて、毎日のお手入れも簡単です。

【詳細情報】
サイズ(約):16.2×24.5×20cm(ふた込み)、本体高さ/11.7cm(本体のみ)、本体深さ/11.2cm、本体内径/18cm
重量:1.03kg

 


昔ながらの「かまど炊き」を再現したごはん鍋


ウルシヤマ 謹製釜炊き三昧 3合炊き 21207


 


 

昔ながらの「かまど炊き」を再現できるごはん鍋。現代の暮らしに合わせた釜炊きで効率よく、おいしいご飯を楽しめます。素材には、底面は厚く側面は薄く仕上げるアルミニウムキャストを採用。底面で十分に熱を蓄え、薄い側面で素早く熱を伝えます。アルミニウムキャストの熱伝導率は陶器の約200倍。短時間で温度が上昇します。

 

釜の持つ丸みは、加熱した時に理想的な対流を起こし、ご飯をおいしく仕上げるという特徴も。かまどは釜を包み込んで、熱を無駄なく効率的に使います。コンロ周りの汚れを防ぐ「吹きこぼれ受け」もついているので後片付けも簡単。ユーザーからは「7万円もする高級炊飯ジャーでも、この釜炊きにはかなわないと思います」という声も。また、キャンプなどのアウトドアで使用している人も多いよう。

【詳細情報】
サイズ:24×24×15cm
重量:1.41kg

 


伝統を受け継ぐ職人の確かな技術をもとに作られたごはん鍋


岩鋳(Iwachu) 南部鉄器 ご飯鍋3合炊 21085


 


 

岩鋳の製品は、伝統を受け継ぐ職人達が一品一品丹念に作り上げた品質確かなものばかり。明治35年の創業以来、400年を越える南部鉄器の伝統を守りながら、現代の暮らしにもなじむ製品を多数おくりだしています。「岩鋳(Iwachu) 南部鉄器 ご飯鍋3合炊 21085」は、伝統に培われた確かな技術をもとに丹念に製造されています。

 

気密性と蓄熱性に優れ、高温を保ちながら炊き上げることで、ごはんがふっくらと炊きあがり、パリッとしたお焦げも味わえます。熱源はガスはもちろん電磁調理器200Vにも対応。ユーザーからは「おいしくて食べ過ぎてしまう」との声も。

【詳細情報】
サイズ:13.5×28×22cm、内径/18cm、深さ/11cm
重量:3.4kg

 


耐熱ガラスの老舗メーカーが作るごはん鍋


HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 GIS-200


 


 

HARIOは、創業当初から一貫して耐熱ガラスの企画・製造・販売をおこなっている、日本で唯一工場を持つ、耐熱ガラスメーカーです。そんなHARIOのごはん鍋「HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 GIS-200」は、ステンレスとアルミの4層構造の鍋身は熱をまんべんなく伝え、ご飯を炊き上げます。内面にはフッ素コートを施してあるので、ご飯がこびりつきにくくなっているのもうれしいポイント。ご飯以外に煮込み料理にも使用可能です。

【詳細情報】
サイズ:20×26×21.6cm
重量:1.4kg

目次に戻る

TAG
SHARE ON