グルメ
立ち食いそば
2016/8/9 6:00

【昼は立ち食いそば】次元が違うつゆのウマさ! ミシュラン星獲得店で修行した店主が営む人形町「福そば」

本日は東京・人形町の「福そば」を紹介します。同店の店長は中国の出身。ミシュランの星獲得経験のある名店の職人に学び、「福そば」の経営者となったいまも、修行で学んだ味を忠実に守っています。

 

色とりどりの天ぷらを前に悩むのも楽しい

↑人形町の路地に溶け込んだ外観。奥ゆかしい店構は風情がある
↑人形町の路地に溶け込んだ外観。奥ゆかしい店構は風情がある

 

「福そば」はなによりつゆがうまい。北海道産の昆布と宗田節、さば節をぜいたくに使ってだしを取り、そこに2週間寝かせたかえしを合わせる。そのつゆはだしの風味がまろやかで、重厚感がありながら滋味あふれる味わいだ。

↑かけそば+春菊天(430円)。 春菊はサクサクの揚げ上がりで、彩りも美しい
↑かけそば+春菊天(430円)。春菊はサクサクの揚げ上がりで、彩りも美しい

 

そばはそのつゆと非常によく合う細麺。生麺ゆでたてで、ほどよいコシとのどごしがある。天ぷらは揚げ置きだが、サクサクで油切れが非常に良い。カウンターには様々な天ぷらが並び、券売機で「天ぷらそば」の食券を買えば、その天ぷらを見ながら好きなものを入れてもらえる。

↑もりそば+かき揚げ天(450円)。北海道産の甘みの強い玉ねぎを使用。もりつゆのキリッとした味が細麺に合う
↑もりそば+かき揚げ天(450円)。北海道産の甘みの強い玉ねぎを使用。もりつゆのキリッとした味が細麺に合う

 

オープンから6年で常連も増え、女性客も多い同店は、いまや人形町になくてはならない「立ち食いの名店」となった。