グルメ
立ち食いそば
2016/8/14 11:00

【まとめ】お盆休み明けから通える! オフィス街にある立ち食いそば名店5選

手早く安く食べられることから、都心を中心にニーズが高い立ち食いそば。GetNavi webでは、これまで選りすぐりの立ち食いそば屋を紹介してきましたが、今週はどんなお店がピックアップされたのでしょうか。この時期はお盆休みの方が多いと思いますが、来週からの仕事はじまりに向けて、オフィス街にある立ち食いそばの名店を紹介します。

 

【その1】農林水産省の中に隠れ名店があった! 国産素材を使った安旨そばが味わえる「日豊庵」/霞が関

↑農水省の北別館入口 から入ると、すぐに「日豊庵」の入口に到着。
↑農水省の北別館入口から入ると、すぐに「日豊庵」の入口に到着

 

人気は「2食そばセット」だ。日替わりそばに「ミニ冷やし野菜炒めそば」が付くから〝2食〟そば。実はこの「冷やし野菜炒めそば」こそが、名物なのだ。

↑2 食そばセット(500円)。ボリューム満点ながら、女性でもペロッと食べられてしまうおいしさ
↑2食そばセット(500円)。ボリューム満点ながら、女性でもペロッと食べられてしまうおいしさ

 

このそばはキャベツやもやしなどを軽く炒めて冷まし、それをそばにのせて、かつおが利いたもり汁をかけたもの。シャキシャキと甘い野菜は最初は薄味だと感じるが、食べ進むほどに「ちょうどいい味加減」になる。

↑もりそば(230円)。香り豊かな同メニューが230 円で堪能できる。「日豊庵」の運営元が製麺会社であるため、提供できる価格だ。
↑もりそば(230円)。香り豊かな同メニューが230 円で堪能できる。「日豊庵」の運営元が製麺会社であるため、提供できる価格だ

 

なお、農水省の庁舎内に出店するには、できる限り国産食材を使うことなどが条件。つまり、同店の食材の多くは国産で、品質は折り紙付きだ。食材の質と価格で市井の立ち食い店を凌駕し、かつ味も文句なし。まさに「究極の隠れ名店」といえる。

 

 

【その2】次元が違うつゆのウマさ! ミシュラン星獲得店で修行した店主が営む人形町「福そば」/人形町

↑人形町の路地に溶け込んだ外観。奥ゆかしい店構は風情がある
↑人形町の路地に溶け込んだ外観。奥ゆかしい店構は風情がある

 

「福そば」はなによりつゆがうまい。北海道産の昆布と宗田節、さば節をぜいたくに使ってだしを取り、そこに2週間寝かせたかえしを合わせる。そのつゆはだしの風味がまろやかで、重厚感がありながら滋味あふれる味わいだ。

↑かけそば+春菊天(430円)。 春菊はサクサクの揚げ上がりで、彩りも美しい
↑かけそば+春菊天(430円)。春菊はサクサクの揚げ上がりで、彩りも美しい

 

そばはそのつゆと非常によく合う細麺。生麺ゆでたてで、ほどよいコシとのどごしがある。天ぷらは揚げ置きだが、サクサクで油切れが非常に良い。カウンターには様々な天ぷらが並び、券売機で「天ぷらそば」の食券を買えば、その天ぷらを見ながら好きなものを入れてもらえる。

↑もりそば+かき揚げ天(450円)。北海道産の甘みの強い玉ねぎを使用。もりつゆのキリッとした味が細麺に合う
↑もりそば+かき揚げ天(450円)。北海道産の甘みの強い玉ねぎを使用。もりつゆのキリッとした味が細麺に合う

 

オープンから6年で常連も増え、女性客も多い同店は、いまや人形町になくてはならない「立ち食いの名店」となった。

 

 

【その3】「ソーセージ天」や「ジャガ芋天」が斬新すぎる! 関東系濃厚つゆが自慢の「柳屋」/笹塚

↑「早く安く味自慢」の巨大な屋根看板が目印
↑「早く、安く、味自慢」の巨大な屋根看板が目印

 

かつおとさばの荒削り節と北海道産昆布でだしを取り、だしとかえしを合わせてから少し置き、継ぎ足して使うことでコクを出している。つゆはしょうゆの香りと色が濃厚だが、飲めば甘辛い味とだしのうまみに感動。麺はそんな濃厚つゆに合う、モチモチのゆで麺だ。

↑ソーセージ天そば(400円)。魚肉ソーセージの うまみと衣に浸みた濃厚つゆの味の共演が魅力
↑ソーセージ天そば(400円)。魚肉ソーセージのうまみと衣に浸みた濃厚つゆの味の共演が魅力

天ぷらの種類も豊富で、かき揚げやソーセージ天、じゃがいも天など15種類前後が並ぶ。薬味には、玉ねぎとねぎをミックス。ねぎの辛味に玉ねぎの甘みが加わり、つゆがやさしい味になる。これも先代考案の味だ。

↑ジャガ芋天そば(400円)。いもがつゆを吸って絶品。ゆで麺とじゃがいもでつゆの味わいを2 倍堪能できる。
↑ジャガ芋天そば(400円)。いもがつゆを吸って絶品。ゆで麺とじゃがいもでつゆの味わいを2倍堪能できる

 

厳選素材を使い、昔ながらの味とスタイルを守る「柳屋」は、まさに〝歴史遺産的〟立ち食いそば店のひとつといえる。

 

 

【その4】鮮度にこだわる「一品入魂」がモットー! 一客全霊でそばを作り続ける「いわもとQ」/西武新宿

↑写真入りのメニューと券売機は外に設置
↑写真入りのメニューと券売機は外に設置

 

同店ではゆでも揚げも職人の技術に頼らない、徹底したマニュアル化を実現。注文後に生麺をゆで、天ぷらを揚げ始める。冷水でしっかり締めたそばは角がピッと立ってのどごしが抜群。天ぷらは揚げたてサクサクでおいしい。

↑天丼セット/冷(760円)。は揚げたての天ぷらがのった天丼と、香りとのどごしのいいそばが食べられて大満足
↑天丼セット/冷(760円)。揚げたての天ぷらがのった天丼と、香りとのどごしのいいそばが食べられて大満足

 

だしはかつお節、宗田節、さば節。かえしは本醸造しょうゆと特上薄口しょうゆ、本みりんを使って、甘みを利かせたすっきり味のつゆに仕上げている。

↑野菜たっぷりそば(480円)。キャベツなどの野菜をサッと油通しし、野菜の甘みとシャキシャキ感を両立
↑野菜たっぷりそば(480円)。キャベツなどの野菜をサッと油通しし、野菜の甘みとシャキシャキ感を両立

 

また、同店はご飯ものも充実。人気の「天丼セット」なら、えび、いか、きす、いんげんの天ぷらがのった天丼とそばを一度に楽しめる。24時間営業のため、飲んだ後の一杯にもオススメだ。

 

 

【その5】激戦区虎ノ門で盤石の人気店! 日本料理の技が生きた本格そばが旨すぎる「峠そば」/虎ノ門

↑外堀通りと平行に走る道に面した「峠そば」の店舗
↑外堀通りと平行に走る道に面した「峠そば」の店舗

 

同店のそばには、日本料理の技術が生きている。だしは昆布と本かつお節、宗田節、さば節をブレンド。かつお節のコクと昆布の柔らかなうまみが融合し、そこにこだわりのかえしを合わせると、あっさりしながら深みのあるつゆが完成する。

↑かきあげそば(380円)。かき揚げは玉ねぎ、いかゲソ、桜えび入り。油切れがよく、胃にもたれないのがいい
↑かきあげそば(380円) かき揚げは玉ねぎ、いかゲソ、桜えび入り。油切れがよく、胃にもたれないのがいい

 

そばは生麺とゆで麺があり、注文時に選べる。さらに100円を追加すれば、ワンランク上の「石臼挽きそば」にも変更可能だ。天ぷらは注文を受けて揚げる。揚げ油は大豆油とごま油の混合で、衣には香ばしいごまの香りと甘みが加わる。

↑「石臼挽きもりそば」細麺で、そばの香りと甘みが口いっぱいに 広がる「石臼挽きもりそば」。コシとのどごし も抜群だ。
↑石臼挽きもりそば(380円) 細麺で、そばの香りと甘みが口いっぱいに広がる。コシとのどごしも抜群だ。

 

常連客は「ここは立ち食いだけど味は本格的だよ」と太鼓判を押す。その確かな味は、これからも虎ノ門で働く人々を癒し、支えていくことだろう。