グルメ
立ち食いそば
2016/9/4 17:00

【立ち食いそばまとめ】地元民に愛される地域の名店を厳選!東京近郊の激ウマ店5選

手早く安く食べられることから、都心を中心にニーズが高い立ち食いそば。GetNavi webでは、これまで選りすぐりの立ち食いそば屋を紹介してきましたが、その多くが東京都内のお店でした。そこで今回は、東京近県である神奈川、埼玉、千葉のなかから、地場で評価の高いお店をまとめて紹介します!

 

【その1】つゆを最後まで飲み干す人多数! とにかく味が良いと評判の「つだ沼そば」/津田沼

20160829-a02 (2)
↑券売機は店の外に設置。食券を買ってから店に入ろう

 

「つだ沼そば」はJR津田沼駅と新京成線新津田沼駅を結ぶ通りにある店。かわいい看板を掲げた店ながら、その味のよさが評判となっている。魅力は、長野から毎日送られてくる信州そば。やや茶の入った白い細麺で、生麺ゆで置きだが、ほどよいコシと香りがある。

 

そして、つゆもうまい。かつお本枯節、さば節から引いただしは、上品な酸味とコクがある。かえしには千葉県野田のしょうゆを使用。それらを合わせたつゆは透き通った紫色で、うまみは強いが塩辛さは控えめ。つゆを飲み干す客が多いのも納得だ。

↑かき揚げそば(400円) 玉ねぎ、にんじん、春菊、干しえび入り。野菜は国産を使っている
↑かき揚げそば(400円) 玉ねぎ、にんじん、春菊、干しえび入り。野菜は国産を使っている

 

一番人気は「かき揚げ天そば」。かき揚げは火の通し具合が絶妙で、野菜のうまみが引き出されている。揚げ油の鮮度にも留意しており、揚げ置きながら衣はパリッとした食感だ。

↑ワンコインセット(500円) 年に約3 回内容が変わる。写真はミニいか天丼ともりそばのセット
↑ワンコインセット(500円) 年に約3回内容が変わる。写真はミニいか天丼ともりそばのセット

 

開業約10年で、常連客も増えてきた。集客用に始めた無料の野菜天は、いまでは店の名物だ。

 

 

【その2】毎日訪れる常連客の多さが本物の証! 昔ながらのそばが楽しめる「山七」/新丸子

↑駅前の商店街に佇む。年季が入ったビニールのひさしが渋い

 

東横線・新丸子駅のすぐ隣にある同店は「路傍の名店」と呼ぶにふさわしい店。創業は昭和53年で36年間、新丸子の町を見守ってきた。

 

「山七製麺所」直営の同店は、客を待たせないよう、自家製のゆで麺を使用。太めの麺は、甘さ控えめ、しょうゆ濃いめの黒いつゆと相性抜群だ。

↑春菊天そば(330円) 小ぶりだが、厚みのある春菊天をトッピン グ。衣は薄めで、春菊の甘みと苦みが心地い い。
↑春菊天そば(330円) 小ぶりだが厚みのある春菊天をトッピング。衣は薄めで、春菊の甘みと苦みが心地いい

 

つゆは本かつお節、宗田節、さば節、昆布などで取っただしに、かめ樽で一週間寝かせたか東えしを合わせたもので、温そばにも冷そばにもよく合う。

 

揚げものは定番のかき揚げのほか、春菊天やソーセージ天、ちくわ天が人気。360円と格安の「肉そば」のほか、「カレーうどん」のファンも多い。

↑ちくわ天そば(330円) 市場で買ってきた ちくわ天ぷらをのせる。その甘じょっぱさはB 級グルメ的なうまさ
↑ちくわ天そば(330円) 市場で買ってきたちくわ天ぷらをのせる。その甘じょっぱさはB級グルメ的なうまさ

 

毎日来る常連も多く、6時半の開店前に、待ち切れない客が店に入ってくるのも日常茶飯事。同店は、地元のそばを愛する人々のまさに「おふくろの味」となっている。

 

 

【その3】昔ながらの駅そばスタイルで絶品天玉そばを提供する「めん処 一ぷく」/北朝霞

↑往年の駅そばを思わせる外観。のれんや仕切りのないシンプルさがいい
↑往年の駅そばを思わせる外観。のれんや仕切りのないシンプルさがいい

 

「めん処 一ぷく」はJR北朝霞駅構内、東武東上線朝霞台駅から徒歩30秒の立地で営業している。行き交う人々を背に、客が黙々とそばをすする姿は、いまも昔も変わらぬ光景だ。

↑天たまそば(440円) かき揚げは玉ねぎ、にんじん、桜えび入り。固めに揚げた衣に つゆと卵が絡んで、野菜の甘みが増す。
↑天たまそば(440円) かき揚げは玉ねぎ、にんじん、桜えび入り。固めに揚げた衣につゆと卵が絡んで、野菜の甘みが増す

 

同店のそばは、細身のゆで麺ながら、ほどよいコシがあるのが特徴。つゆは甘さと辛さのバランスが取れていて、かつお節、さば節をブレンドしただしの濃厚な風味を感じる。人気メニューは「天玉そば」。かき揚げの油と卵の甘みが相まって、そばがさらにうまく感じる。440円と格安のカツカレーも人気だ。

↑カツカレー(440円) 独特の甘みと酸味が魅力の「カツカレー」。スタンドカレーを思わせる懐かしい味だ
↑カツカレー(440円) 独特の甘みと酸味が魅力で、スタンドカレーを思わせる懐かしい味だ

 

同店は、昭和51年の創業。以来、39年間北朝霞駅の通勤客を見守ってきた。近年、土日には家族連れや若いカップルもよく利用するという。一見ノスタルジックに見えて、実は若い世代にも頼りにされている人気店なのだ。

 

 

【その4】製麺所で打ちたての絶品そばが格安で味わえる「めん処 船食」/京急田浦

↑清潔感のある外観。店には地元の家族が 三世代で来店することもあるとか。店の隣には各種の麺が買える麺の販売所もある
↑清潔感のある外観。店には地元の家族が三世代で来店することもあるとか。店の隣には各種の麺が買える麺の販売所もある

 

「めん処 船食」は地元の製麺会社直営の人気店。昭和8年創業の「船越食堂」が戦後に製麺業に転身し、昭和63年に始めた店だ。

↑極上もりそば(500円) 香りよし、コシよし、のどごしよし、と非の打ち所がない一品だ
↑極上もりそば(500円) 香りよし、コシよし、のどごしよし、と完成度の高さが際立つ

 

製麺所の直営だけあって、そばは新鮮そのもの。その魅力を満喫するなら「極上もりそば」がオススメだ。色白で細身の同割そばは、爽やかなそばの香りが感じられる。食感とのどごしのよさは、高級そば店で味わうそれに近い。

 

一方、通常の冷やし用のそばは、わかめとそばの新芽を練り込んだ鮮やかな緑色。見た目も味も申し分ない。

↑かけそば+穴子天(300円+300円) かけそばに巨大な「穴子天」をトッピング。味、量ともに大満足
↑かけそば+穴子天(300円+300円) かけそばに巨大な「穴子天」をトッピング。味、量ともに大満足だ

 

つゆに使うだしは、かつお節などの厚削り節でじっくり取ったもの。風味が強く、かえしとのバランスが絶妙だ。

 

天ぷらは、穴子天が人気だ。丼をはみ出すサイズに驚くが、身はふっくらして絶品。これがかけそばと合わせて600円で味わえるのはうれしい。

 

 

【その5】高速道路のサービスエリアで十割そばを出す貴重な店「蕎麦久」/三芳PA

↑店舗は三芳PA の商業施設「パ サール三芳」内にある。関越道の「上り」から しか入れないので注意!
↑店舗は三芳PA の商業施設「パサール三芳」内にある。関越道の「上り」からしか入れないので注意!

 

近年、高速道路のサービスエリアでは味にこだわる店が増えた。関越道・三芳PAの「蕎麦久」もそのひとつ。サービスエリアでは珍しい十割そばを提供するこだわりの店だ。

 

同店では、国内産と外国産のブレンドそば粉を店内のミキサーと押し出し式製麺機で製麺する。そばは太麺平打ちで、もりやざるで食べると香りが芳醇。子どもも食べやすいよう、ゆは甘め。

↑. かき揚げ天せいろ/十割そば(770円) 風味豊かな十割そばとかき揚げが味わえるぜいたくな一品
↑. かき揚げ天せいろ・十割そば(770円) 風味豊かな十割そばとかき揚げが味わえるぜいたくな一品

 

ちなみに温そばの麺のみ、十割そばからよりコシのある二八そばに変えた。温そばは香りが飛びやすいため、これは納得できる変更だ。

 

トッピングで人気なのは、えびやいかなどが入った豪華なかき揚げ。サクサクの食感で、やや甘めの衣もうまい。

↑山菜そば(570円) 二八そばを使用。つゆはだしの風味を利かせたやさしい味わいだ
↑山菜そば(570円) 二八そばを使用。つゆはだしの風味を利かせたやさしい味わいだ

 

ミニとろろ丼などのご飯ものとそばのセットメニューもあり、ボリュームを求める人にもぴったり。ドライブ時にはぜひ立ち寄りたい店だ。