グルメ
菓子
2016/9/17 16:38

期間限定の「キットカットミュージアム」で聞いた! キットカット人気&変わり種TOP3

チョコレート菓子の世界遺産といえるキットカット。その歴代パッケージ約300種が展示され、いま世に出ているキットカット18種を買うことができる日本で唯一の「キットカットミュージアム」が原宿で開館されています。期間限定の9月25日までということなのですが、せっかくの機会なのでミュージアムに行ってきました。人気TOP3やキットカットの秘密なども聞いてきたので、ご覧ください!

 

実は日本一のチョコレート菓子はキットカットだった

ちなみに、キットカットは日本で一番売れているチョコレート菓子なのをご存知でしょうか。海外ブランドのキットカットは世界中で展開されているのですが、その国に合わせた味づくりなどをしており、日本では受験生応援キャンペーンやご当地土産シリーズ、寄付金付菓子、大人向け菓子、トップパティシエとのコラボなど、多彩な展開を行ってきました。その結果、いまの地位を築いたのです。

 

20160917-a02 (1)

そんなキットカットが日本に上陸したのは1973年。ミュージアムでは、その歴史をつくってきた様々なパッケージがディスプレイされていますが、まずは現行モデルの人気TOP3を伺いました。

 

■現行モデル人気商品TOP3

【第3位】

20160917-a02 (12)

オトナの甘さ 13枚入り 540円

細かくクラッシュしたほろ苦い黒ビスケットが、絶妙なバランスでチョコレート生地に練り込まれています。深いカカオの香りと黒ビスケットが生む、深くリッチな大人の味わい。

 

【第2位】

20160917-a02 (11)

田丸屋本店わさび 12枚入り 864円

静岡を中心に愛されている「田丸屋本店」のわさびと「キットカット」のコラボ。厳選された本わさびの爽やかな辛さとホワイトチョコレートのまろやかな甘みが絶妙です。

 

【第1位】

20160917-a02 (10)

毎日の贅沢 6個入り 220円

9月12日から発売の新商品ながら、感動的なおいしさや6年ぶりの新シリーズということで大きな話題に。日本を代表するシェフパティシエの高木康政さんが全面監修した高級シリーズ「キットカット ショコラトリー」の贅沢感を、手軽に楽しむことができる傑作です。

 

トッピングされるタイプのフレーバーは初めてとか。アーモンドの香ばしさとクランベリーの酸味が加わり、きわめて上品な味に仕上がっています。

 

 

歴代人気&変わり種TOP3も聞いてみた

さらに、2011年に開催された「キットカット復活総選挙」で1~3位に輝いた名作と、TVでも話題になった変わり種TOP3も聞いてみました。会場にズラリと並べられたパッケージの写真とともに紹介しましょう!

 

■復活総選挙TOP3

【第3位】

アーモンド

王道ながらチョコとアーモンドのコンビネーションがたまらないというファン多し。クリームにも香ばしい風味が効いており、好バランスだったのもポイントです。

 

【第2位】

20160917-a02 (5)

宇治抹茶

発売当初は期間限定商品でしたが、多くの要望に応えて現在は定番になり、訪日観光客による大量購入で話題になっていることでも知られています。香り高い宇治抹茶の味わいと、上品な甘さが人気の秘密。

 

【第1位】

20160917-a02 (4)

オレンジ

2001年に登場したフルーツフレーバーの金字塔。オレンジの酸味とチョコのハーモニーがおいしく、あまりにも復活の声が多かったことで、一時期オンラインショップで再販売されていました。

 

■変わり種モデルTOP3

【第3位】

20160917-a02 (14)

日本酒 9枚入り 756円

日本酒のまろやかなコクと、キレのある後味を楽しめる現行商品。一升瓶をイメージしたパッケージは見た目にも楽しく、訪日外国人の土産として大人気とか。ただ、アルコールが0.8%入っているのでご注意を!

 

【第2位】

20160917-a02 (8)

しょうゆ風味

ホワイトチョコの甘さとしょうゆ風味が、意外にもおいしいと評判に。江戸を象徴する紫のカラーリングが粋な渋さを醸し出しており、東京限定で発売されました。

 

【第1位】

20160917-a02 (7)

スポーツドリンク味

2009年、JFA DREAM ASIA PROJECTとのコラボで発売。レモンのような風味の爽快な甘酸っぱさがあって、想像よりもおいしいという声が多かったとか。

 

 

キットカットは1935年にイギリスで生まれたお菓子だった

歴史についても触れておきましょう。キットカットといえば「Havea break, have a Kit Kat」のキャッチコピーが有名ですが、CMを思い出してください。世界観がイギリスだったことを思い出しませんか? そう、実はキットカットは1935年にイギリスで生まれたんです。

20160917-a02 (3)

 

ミュージアムには、キットカットの前身であるロントリー社の記念すべき「チョコレート クリスプ」がレプリカとして陳列。また、第二次世界大戦の影響でミルクの供給が不足し、レシピ変更を余儀なくされたときの青いパッケージのキットカットもレプリカで並べられています。

20160917-a02 (2)

 

よく「イギリスにはおいしいものがない」と言われますが、日本一のチョコレート菓子はイギリス生まれということで、そうも言ってられないのではないでしょうか。たまにはイギリス伝統の紅茶でも淹れて、ブレイクしてみてはいかがでしょう! またミュージアムは原宿駅からすぐの好立地ですが、9月25日までなのでこのシルバーウィークに足を運ぶことを強くオススメします!

 

【SHOP DATA】

キットカットミュージアム

所在地:東京都渋谷区神宮前1-22-8 ネスカフェ原宿内(ネスカフェ原宿は通常営業)

期間:2016年9月25日(日)まで

開館時間:11:00~21:00

アクセス:JR山手線「原宿駅」竹下口徒歩3分