グルメ
ファストフード
2016/11/1 11:30

モスバーガーの朝と夜が充実し過ぎ! 和朝食のモーニングに、お酒好きにはたまらないバルメニュー

出典画像:モスバーガー公式サイトより
出典画像:モスバーガー公式サイトより

数あるハンバーガーチェーン店の中でも、高い人気を誇っているモスバーガー。ハンバーガーのおいしさが評判なのはもちろんだが、朝と夜に展開されている限定メニューが大きな話題になっているようだ。

 

ハンバーガー店なのに“おにぎり&味噌汁”のがっつり和朝食

まずはモスのモーニングメニュー「朝モス」について。「ベーコンエッグチーズ」や「モーニング野菜バーガー」などのセットメニューは他のハンバーガー店でも見られる組み合わせだが、注目したいのは和風要素をふんだんに取り入れた「朝ライスバーガー朝御膳」。バンズの代わりに米で具材を挟んだ大人気のライスバーガーに、あっさりした具だくさんの豚汁と漬物がセットになったメニューは和風朝食そのもの。味は卵かけご飯をイメージした「たまご 旨だし醤油ソース」と「彩り野菜のきんぴら」の2種類があり、「普通の朝モスも良いけど、朝御膳が美味すぎる」「朝からモスで豚汁とか幸せすぎるだろ」「朝ごはんのために毎日モスに通いたい」とモスファン大絶賛の人気メニューになっている。

 

夜はモスバルでビールとワインを楽しむ!

モスの通常のドリンクメニューはソフトドリンクやスープだけだが、一部店舗ではアルコールドリンクが飲める「モスバル」がスタートし、いつものセットに150円プラスするだけでセットドリンクをビールやワインに変更できる。さらに、「チリポテト」や「グリルドソーセージ」、「モスチキンの特製サルサソースがけ」などの「モスバル限定お手軽メニュー」も。好きなハンバーガーとお手軽メニュー、アルコールドリンクとのセットで620円~という低価格なので、お酒好きにはたまらないサービスだ。

 

時間限定なのでチャンスは逃すな!

いつもとは一風変わったメニューだが、「朝モス」は朝10時30分まで、「モスバル」は、平日15時・土日祝日は11時からと時間限定。「朝モス」は一部を除いてほとんどの店舗で実施されているが、「モスバル」は実施店舗が限られており、今のところ「三軒茶屋店」や「渋谷道玄坂店」などの都内のほか、「横浜東口店」や「新千歳空港店」「ニッセイ新大阪店」など、計13店舗のみとなっている。時間や場所に限りがあるので、食べれる機会があればぜひお試しを!

TAG
SHARE ON