グルメ
2016/11/30 17:00

どん兵衛から2000セット限定の手打ちうどんセットが発売! 今年の年越しは手打ちのどん兵衛で決まり!!

カップうどんの定番商品として根強い人気を誇る、日清のインスタント麺「どん兵衛」。そんなどん兵衛から、うどんの手打ち体験ができる「日清のどん兵衛 手打ち10分どん兵衛 うどんセット」が発売される。

出典画像:「セブン-ネット・オムニ7」公式ページより

 

カップ麺のどん兵衛が自宅で作れる!

「日清のどん兵衛 手打ち10分どん兵衛 うどんセット」のネーミングは、“10分こねて”“10分ねかし”“10分ゆでる”という工程が由来。このうどんセットには、お馴染みの「カップ」「スープ」「おあげ」のほかに、手打ちうどん用の小麦粉「どん兵衛特撰粉」と、どん兵衛のロゴが入った専用の道具「めん棒」と「こね鉢」が入っている。これを使えば自分が手打ちで作ったうどんの麺で、どん兵衛のきつねうどんを4食分も味わうことができるのだ。

 

この豪華なセットの発売に「自分でどん兵衛作れるとか、最高すぎ」「どん兵衛作る目的ってよりは、どん兵衛のロゴが入った鉢とめん棒が欲しい!」「カップまで付いてくるとか、どんだけwww」「日清、面白いことするわー(笑)」と、興味津々のどん兵衛ユーザーが続出。

 

発売のきっかけは巷で話題の「10分どん兵衛」!?

この商品が発売されるきっかけとなったのは、以前ネットなどで話題になった「10分どん兵衛」。これは名前の通り、通常の待ち時間5分で食べるところを、10分待って食べるという食べ方だ。この「10分どん兵衛」には「麺に出汁がいつも以上に染みてて、麺もちょうどいい柔らかさ」「5分待って食べてた時より、麺にツルツル度が増してる!」とハマる人が続出。

 

実は、この「10分どん兵衛」は芸人のマキタスポーツさんが発案したもの。これが意外にも話題を呼び、製造元の日清も“おわび”の文章を公式ホームぺージ上で公開する事態となった。日清は「10分どん兵衛」のことを知らなかったと前置きをし、「5分でお客様においしさを届けるということに縛られすぎていて世の中の多様性を見抜けていなかったことを深く反省しております」と続け、発案者のマキタスポーツさんにも感謝を述べている。この「10分どん兵衛」を乗り越えるべく、日清が新たな「10分どん兵衛」を探した末にたどり着いたのが「日清のどん兵衛 手打ち10分どん兵衛 うどんセット」だ。

 

手打ちうどんセットは限定数あり!

今回、セブン-イレブン・ジャパンより発売されることになった「日清のどん兵衛 手打ち10分どん兵衛 うどんセット」は、ショッピングサイト「オムニ7」より2,000セット限定で予約受け付け予定で、価格は3974円となっている。

 

年越しそばは毎年どん兵衛のカップうどんだったという人も、今年の年の瀬は趣向を変えて家族や友人たちと、どん兵衛の手打ちうどんを作って年越しをするのも面白いかもしれない。

TAG
SHARE ON