グルメ
お酒
2016/12/5 14:43

「キリンさん、それは琵琶湖です」キリンビールは滋賀県の本体を琵琶湖だと思っている!?

キリンから発売されている「9工場の一番搾り」。各地のビール工場の個性を味わうことができるこのシリーズのひとつ「滋賀づくり」のパッケージに「あれ、これって滋賀…じゃなくて?」「キリンさん間違ってるよ!!」というツッコミが集まっている。

出典画像:キリン公式サイト「9工場の一番搾り」より
出典画像:キリン公式サイト「9工場の一番搾り」より

 

むしろ正解? 滋賀=琵琶湖のイメージ

「9工場の一番搾り」は、北海道や宮城、福岡など全国の9工場から日本各地の個性豊かなビールが集められており、ラベルには各県の形がしっかりと書き込まれている。しかしなぜか「滋賀づくり」に描かれているのは琵琶湖の形だ。これに気付いた人からは驚きの声が上がっているが、実際に滋賀県民からは「仕方ないよね、滋賀の本体は琵琶湖だもんね」「間違ってるんだけど、ある意味正解なんだよな」と、琵琶湖の形をチョイスしたことに賛同する声も。

 

滋賀を琵琶湖で押し通すキリン

キリンが琵琶湖のシルエットを使用したのはこれが初めてではない。2015年に発売された「9人の醸造家がつくる9つの一番搾り」シリーズの商品説明ではしっかり滋賀県のシルエットを使用していたのだが、今年夏に発売された「47都道府県の一番搾り」の「滋賀づくり」には琵琶湖シルエットを使用。キリンはどうやら今年から滋賀県=琵琶湖として認識しているようだ。

 

「琵琶湖県」に改名の危機もあった滋賀

滋賀では、過去に県名を“琵琶湖県”に改名しようという論議が持ち上がったことがあった。知名度の低さに悩んだ結果、すぐにどの県かわかってもらうために「琵琶湖県」や「近江県」に名前を変えようという議論で、2015年には滋賀県民に対して世論調査が行われるまでに。アンケートの結果で県名はそのままでいいということになったが、それほどまでに琵琶湖のもつ力は偉大なようだ。ちなみに滋賀県民は、滋賀県の形は描くことができなくても、琵琶湖の形は描けるという人が多いとのこと。キリンが琵琶湖シルエットを採用するのも無理はないかもしれない。

TAG
SHARE ON