デジタル
2017/4/12 18:00

余計な荷物が増えない上に充電し忘れても大丈夫! 完璧すぎる「腕時計型モバイルバッテリー」が海外で大人気

いまや、スマホは肌身離せない必需品。スマホを家に置いて出るなんて、考えただけで不安になってしまいますよね。そのため、外出先で充電が切れた時のための外付けバッテリーも必需品となりました。

 

しかし、うっかりしていると、この緊急時用のモバイルバッテリー自体を充電するのを忘れてしまいがち。誰しも一度は、スマホの電池が切れたときに鞄から得意げにバッテリーを取り出して接続したみたものの、バッテリー自体が空だった経験があるはず。

 

海外では、そんなモバイルバッテリーの充電忘れを防ぐためのソーラーパネルを組み合わせたプロダクトがあります。しかもそれだけではなく、バッテリー自体を忘れない素晴らしいアイデアで仕上がっているのです!

 

腕から充電をしてくれるソーラーアナログ時計「UVolt Watch」

一見スタイリッシュなアナログ時計に見える「UVolt Watch」は、実はソーラーパネルが組み込まれており、身につけるだけで充電ができるバッテリー。ポイントは充電した電気は時計を動かすために使われるのではなく、内蔵されているバッテリーを充電するために使われるのです。

 

20170410_kondo - 1

 

アナログ式なのも、充電した電気をなるべく使わないため。時計の中から小型のバッテリーをスルッと取り出して、そのままスマホに接続してスマホを充電することができます。

 

20170410_kondo - 3

 

iPhone用もアンドロイド用もどちらも提供されており、なんと対応機種であればその上にスマホを載せることでワイヤレス充電をすることも可能。

 

20170410_kondo - 4

 

ソーラーパネルを賢くウェアラブルにする、この発想はスマートですよね。ただの時計としてもかっこいいデザインですし、身につけていたらいつでも必要な時にスマホを充電できるわけです。

 

20170410_kondo - 2

 

モバイルバッテリーのもうひとつの問題はバッテリー自体を家に置き忘れてしまう、というものですがこれであれば時計という機能があるので持ち歩くこと自体に意味があります。置き忘れも減りそうです。

 

 

しかも、1日腕に着用していればフルに充電される、とのこと。もしも充電された状態で持ち出したい場合はワイヤレス充電ポートの上に載せて急速充電も可能。取り出し可能なバッテリー部分だけでなく腕のバンド部分にもバッテリーが組み込まれているので、バッテリー容量も最大限にまで拡張されているわけです。

 

クラウドファンディングサイトの「Kickstarter」で資金募集中のこちらのプロダクトはすでに目標金額には達成していますが、まだ数日キャンペーンは残っています。最終的な小売価格は2万2000円を想定しているそうですが、プリオーダーすれば充電ポートなど一式がついて1万1000円ほどで予約可能。

 

ありがたいことに世界中に配送してくれます。日本も対象内なので、コンパクトに電気を持ち歩いてみませんか?

 

充電もできるイタリア製の財布「SOLAR WALLET by Lucca Bozzi」

ほかには、モバイルバッテリー(ソーラーパネル式)を内蔵したスタイリッシュなイタリア製の革財布「SOLAR WALLET by Lucca Bozzi」も海外で注目を集めています。

 

20170410_kondo - 10

 

財布の内部に薄いバッテリーが組み込まれているので、携帯の充電が切れそうになればそのまま付属のケーブルを差して充電することが可能。そのため、肌見離さないアイテムで充電できるアイデアはいいと思うものの、腕時計はしない、という方にピッタリのバッテリーです。

 

20170410_kondo - 9

 

スマホの充電は、なぜか急いでいる移動中に必要になりがちですが、こちらはそもそも財布なのでつなげてそのままポケットに戻すことができます。

 

20170410_kondo - 6

 

外にいる時に財布を広げて充電するのはちょっと怖いですが、室内灯などでも充電ができるのでオフィスや自宅でデスクワークをしている時に充電すれば安心そうです。財布はRFID保護もしてくれます。

 

20170410_kondo - 5

 

デザインがスタイリッシュなところが素晴らしいですね。ほしいデバイスはたくさんあっても、やっぱり身につけて持ち歩くデバイスが増えるのは避けたいところ。財布であれば荷物を増やさずに、機能だけを増やすことができます。

 

 

ひとつ1万1000円からで、パスポートケース版は2700円ほど。どちらも、2017年末の配送予定のプリオーダーを受け付けています。もちろん日本にも届けてくれるので、モバイルバッテリーの購入を考えている人はぜひどうぞ。