デジタル
2017/5/30 10:45

「ノートPC用デスク」で姿勢を改善! 肩や腰を痛めないガジェットが海外で話題

ほとんどのビジネスパーソンは、毎日デスクのコンピュータに向かって1日何時間も作業をしていますよね。自分の姿勢が悪いと頭ではわかっていても、仕事に追われて猫背のまま一日を過ごしてしまいがち。

 

それで、終業時間には腰や肩が痛くなっていませんか? そんな人は、もしかしたらノートパソコン用デスク「lumiXstand」が解決策になるかもしれません。

 

身体に負担をかけずに仕事ができるノートパソコン用デスク「lumiXstand」

20170525_kondo9

この「lumiXstand」は、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」でじわじわと注目を集めつつあるプロダクト。ポイントは、手元のキーボード・スマホ・書類を照らしてくれるLEDライトと、スマホをフレキシブルに縦向きに固定してくれるスタンド。持ち運びと組み立てが簡単なデザインも魅力です。

 

 

20170525_kondo7

オフィスワークの長時間の作業で腰や肩が疲れてしまう人は、もしかしてノートパソコン用デスクをデスクにそのまま置いて屈んだ姿勢で仕事をしていませんか?

 

実はこのノートパソコンの高さを少し上げるだけで、自然と姿勢が改善されるのです。筆者も以前はデスクにそのままノートパソコンを置いて一日何時間もタイピングをしていましたが、スタンドを導入してから肩こりと目の疲れが劇的に改善されました。

 

この「lumiXstand」なら、バラバラに分解して全て小さな袋に入れることもできるので、出張先でもカフェでも図書館でもどこでも簡単に、しかも素早く組み立てることが可能。

 

20170525_kondo6

もちろんユーザーの座高やニーズに合わせて高さの調整もできます。そのため、今流行りのスタンディングデスクでも利用できるわけです。

 

20170525_kondo5

そして地味ながらも魅力を放っているのがスマホホルダー。縦向きに、しかもユーザーの方を向いて固定することができるのでスマホの画面をすぐにチェックできます。スマホのスクリーンに参考文章などを表示させてノートパソコンで打ち込む、そんな事って結構ありますよね。そんな時にも大活躍しそうです。

 

LEDライトも明るさを調整することができ、照らすのが手元というのが夜型人間のニーズをわかっていてうれしい限りです。海外ニュースサイトにも「肩こり持ちに最適」「美しいデザイン」と取り上げられています。そんな「lumiXstand」は、ひとつ7700円から予約が可能です(海外発送料別)。

 

身体に負担をかけずに仕事ができるノートパソコン用デスク「iMoov」

20170525_kondo1

ノートパソコン用デスクはもう自分のお気に入りのものがある、という方でも出張先や出先で思わず長時間ノートパソコンを使うことになることはあるはず。

 

椅子やソファーがどれだけ快適でも目の前にあるのがコーヒーテーブルのような低いテーブルだとすごく使い辛いですよね。しかし空港やカフェ、病院の待合室、ホテルのロビーなどこんな状況は挙げれば数え切れません。

 

仕方なく太ももの上にノートパソコンを載せるものの、「あと少し画面が高かったら辛くないのに」と思いますよね。そんなユーザーを念頭にデザインされたのがこちらの「iMoov」。畳んだ状態でカバンに入れて持ち歩くことができ、一瞬で開くことができます。

 

開いたらあとは低いテーブルに載せるなり、自分の膝の上に載せるなり、状況に合わせてノートパソコンの高さを高くすることが可能。

 

20170525_kondo3

出先でなくともリビングのソファ、ベッドの上などよく作業をするけれど身体が痛くなって長時間は作業できないような場所でも、この「iMoov」なら快適。

 

20170525_kondo4

ひとつ5100円で予約を受付中。配送は今年の10月予定とのこと。別料金を支払えば、海外発送も可能。Twitterやコメント欄には「これは良い! 友達にもこれ広めるよ!」「旅行をたくさんする自分にはこれはとても楽しみ」と期待の声が集まっています。

 

確かに、電車やバス、飛行機で長距離移動をする人にとってもよさそうですよね。ノートパソコン用デスクひとつで身体への負担は大違いです。不調が出る前に、試してみてはいかがでしょうか?