デジタル
2017/6/20 11:00

もう持ち運びに苦労しない! 必要なくても欲しくなる「ポケットサイズの便利ガジェット」3選

テクノロジーの進化で、どんどん多機能で持ち運び便利な小型デバイスが増加中。しかし、ポケットに入るサイズくらい小さいものはまだまだ少なめ。

 

よく使うものほど、より小さく忍ばせたいですよね。本稿では、そんな極小サイズのポケットスキャナ、手遊びおもちゃ、ヘッドセットをご紹介します!

 

【その1】極小サイズのポケットスキャナ「Pup」

20170617_kondo3_2

まずは、ポケットスキャナの「Pup」。機能もデザインも超シンプルで、ガジェットの鑑のようなプロダクトです。

 

色んな書類やデータがデジタル化していますが、それでもプリントアウトされた書類にメモを書き込んだり、授業やプレゼンの内容をノートに書き取ったりと紙の利用はまだまだなくなってはいません。

 

20170617_kondo3_1

学生から社会人まで、パッと何かを思いついて近くにあった裏紙に書きとめることは毎日のようにあるのではないでしょうか。

 

20170617_kondo3_3

コンピューター中心の作業だけど、机の上には書類やノートやメモであふれかえっている。これを効率よくデータ保存できる方法を提供してくれるのが、「Pup」です。

 

何でも気軽に撮影をして、そのままメールで送信やクラウド上に保存、SNSでの投稿をしてくれます。ボタンを押すと赤いライトが四角い枠を写し出してくれるので、スキャンしたい書類をその中に収めて撮影するだけでOK。それで、クラウドファンディングサイト・Indiegogoで約4000万円の資金を獲得しました。

 

20170617_kondo3_4

事前に送信先を登録すれば、Wi-Fi/Bluetooth経由ですぐに送ってくれます。操作もシンプルで連続していくつもスキャンができるので、デスクの上に積み上がった書類やメモ用紙をパパッとスキャンして処分することができるのは大変ありがたいですよね。

 

20170617_kondo3_5

TwitterやIndiegogoのコメント欄でも「これはすばらしいプロダクト!」と期待の声が数多く集まっています。去年目標資金を達成していますが、Indiegogoではまだ予約を受付中。

 

値段はひとつ2万2000円で、今年12月発送予定となっています(海外発送料別)。これがあれば机の上の書類が整理できるかも……。そんな期待を持たせてくれますね。

 

【その2】極小サイズの手遊びツール「Pocket Keyboard」

20170617_kondo3_11

つづいては、手遊びツールの最新版「Pocket Keyboard」。フィジェットツールともいわれる手遊びツールは、アメリカを中心に世界で流行中! 日本でもハンドスピナーやフィジェットキューブをお持ちの方は多いです。

 

デスクワークで集中しているとついついペンをカチカチと鳴らし続けたり、鉛筆をクルクルと回してしまう人、オフィスに一人は必ずいますよね。実は指を動かすことで集中を助け、また緊張を和らげる効果があるとも指摘されているのです。

 

「Pocket Keyboard」は、キーがふたつ、両端にくっついています。ポケットにも軽く入ってしまう大きさのため、デスクワークをしながら握ってカチカチと押すのに最適です。

 

20170617_kondo3_10

確かにキーボードを押す音や感触って「仕事をしている」という感覚も生まれますし、ビジネス人にとっては最高の手遊びなのかもしれません。現在目標資金の約半分である13万円ほどを集めています。

 

値段は、ひとつ1300円、3つパックで2700円(海外発送料別)。「こういうのをずっと欲しいと思ってた」「これはすごい良さそう!」といったコメントがじわじわと投稿されています。

 

果たして、デスクワーカーの新しいフィジェットツールがこれからも世に出されるのでしょうか……。今後の進化が気になりますね。

 

【その3】極小サイズのヘッドセット「2VR」

20170617_kondo3_8

3つめのガジェットは、スマートフォンを簡単に固定してVRを視聴できるメガネ式ヘッドセット「2VR」です。

 

次世代のメディアと世界中で期待が高まっているVRですが、高価なヘッドセットの普及はまだまだこれから。その普及を一気に進めようと公開されたのが、GoogleによるCardboard。

 

20170617_kondo3_6

安価な組み立て式VRマウントで多くの人がVR映像を視聴できるようになりましたが、素材がダンボール紙風なので何度も使ううちにヨレてしまうんですね。

 

しかし、この「2VR」はメガネ式のマウントとなっており、装着も簡単かつ何度も使用してもボロボロになることがありません。

 

20170617_kondo3_7

ひとつ3200円、ふたつセットだと5400円とお値段も手が出しやすい価格帯になっています(海外発送料別)。

 

また、「2VR」には「一般に出ているスマートフォンを入れるVRセットよりもずっと簡単だし、スクリーンを使えるのが最高」と説得力のある指摘も書き込まれています。

 

20170617_kondo3_9

すでにプロダクトを受け取ったユーザーからは、「完璧に機能しているよ!」という報告も……。もちろんこれもも、折りたためばポケットに入ります。

 

これくらい小さいと、もう持ち運びで苦労しないはず。今後もどんどんよく使うアイテムが小型・軽量化していってほしいですね。