デジタル
2017/10/2 6:00

仕事の効率性を上げて残業を減らしたい方は必見! 美しすぎるタイムマネジメントツール「Tiller」

近年、長時間労働の問題が注目されています。職場環境やライフスタイルの改善を目指す働き方改革のもと、残業を規制する動きが全国に広がっていますが、「残業削減だけではなく、仕事の効率性を上げて勤務時間を減らしたい」と考える方も少なくないのではないでしょうか。

 

この問題の解決に役立つのが海外で話題沸騰中の「Tiller」。Kickstarterで「これは本当に美しいし、よく考えられたプロダクトだ。私のチームにも配ったよ。シンプルに時間を管理するだけなのに、実に大きな価値を持っている」と絶賛されているタイムマネジメントツールです。

20170926_Kubo03

 

Tillerの一番の魅力は実際に手で触ってコントロールするガジェットであるという点です。なぜ手で触れることが優れているのか。読者の中にはすでにピンと来た人もいるかもしれません。

効率性を上げるためのアプリやソフトウェアは、スマホやコンピューターにインストールしたまではいいものの、しばらくして使わなくなってしまうこともありますよね。この手のものは通知やディスプレイを無視できてしまったり、操作がデスクワークの邪魔になってしまったりという理由で、途中で投げ出してしまうユーザーが多いようです。

 

しかしTillerは違います。USBでコンピューターとつなげて、作業を開始する時は円盤をくるっと回してタスクを選び、開始する時は上をタップするだけ。停止する時はもう一度タップ。作業中かどうかはLEDライトで確認できます。

20170926_Kubo02

 

このようにシンプルな手の動きだけでタスクごとに時間管理ができるのです。設定は自分で変更できるので、タスクではなくプロジェクト別やクライアント別にすることも可能。クライアントごとに時間を記録して報酬を請求することがあるフリーランサーにとっても便利でしょう。

20170926_Kubo01

専用のソフトウェアも、ガジェット同様にシンプルかつスタイリッシュなデザインになっています。このソフトウェアはコメントを入力できるので、何をしていたのかを書き残したり、記録した時間をまとめて管理したりすることができます。さらに時間の使い方は分かりやすいグラフで確認できます。このようなデータはチームでシェアすることも簡単なので、チームプロジェクトにも役立ちそうです。

 

効率を上げるために大切なのは、各タスクに費やしている時間を自覚することと、タスクに必要な時間を見極めて仕事のスケジュールを組むこと。タイムマネジメントツールを使ってみて「私は企画書作成にこんなに時間をかけていたのか!」と驚いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

 

手を使って直感的な操作ができるTillerなら、時間に対する意識が格段に変わりそうです。美しいデザインにはどんどん触りたくなるという副作用もありそう。価格は現在なら1つ約1万1000円からで、日本への発送は約1600円の発送料が別途かかります。発送は来年4月の予定。日本人の働き方がこれでどれくらい変わるのか、今から楽しみですね。