デジタル
2017/10/6 11:45

「時計」と思いきや、全く違うデバイスだった! ハリポタファンならピンと来る未来型デバイス「The Eta Clock」

ポップでかわいらしい掛け時計に見えるコチラ、実は時計ではない、ちょっとマジカルなデバイスです。Kickstarterで開発資金を獲得した「The Eta Clock」は、家族の居場所を時計の文字盤でリアルタイムに教えてくれるというもの。

 

ハリーポッターファンの方ならすぐにピンと来たでしょう。これはハリー・ポッターに登場する「ウィーズリー家の時計」と同じなのです。

 

ハリーの親友ロンの家には大きな時計があって、その針が仕事、学校、家といった具合に家族それぞれの居場所に応じて動く仕組みになっています。The Eta Clockの機能も同様で、それぞれの針が一人ひとりの居場所を示しており、「Home」「Friends」「Gym」「School」とどこにいるかが分かるようになっています。

20171002_kubo08

 

子どものプライバシーに割り込んで行きたくはないけれど、安全確認のために居場所は知っておきたい。親のそんな願いをかなえてくれるThe Eta Clockなら、気になったときに時計を見上げて「あの子はまだ学校にいるんだな」などと簡単に確認ができますね。

20171002_kubo07

 

アプリを使って登録して針に対応させるだけなので、家族だけでなく友人も簡単に追加することができます。登録された人が移動すれば、時計が自動的にアップデートされる設計。これは魔法のようですね。

20171002_kubo09

 

家具のような時計を見るだけで居場所を共有できるThe Eta Clockは「スマートフォンに縛られない時間を提供したい」というコンセプトから生まれたとのこと。多くのテクノロジーがスマートフォンを使うようになった現代では新鮮ですね。「ハリーポッターファンなので、このアイデアは本当に嬉しい」というコメントが寄せられています。

20171002_kubo06

The Eta Clockは1台約4万5000円。残念ながら日本には発送していないようです。

 

The Eta Clockは非常に斬新なデバイスですが、毎日の生活にジワジワと溶け込んで行きそうな予感がします。デザインも良いので、日常生活の一部になれば愛着もわきそうですね。