デジタル
通信機器
2018/3/20 18:19

さらなる通信費節約の兆し? IIJが始める「フルMVNO」をわかりやすく解説!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が、3月15日から日本初の「フルMVNO」という新サービスを開始しました。

 

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、大手キャリアの通信回線設備を借りて、自社ブランドで通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者のことです。IIJはMVNOとして、法人向けに「IIJモバイル」、コンシューマー向けに「IIJmio」というサービスを提供しています。そこに “フル” の新サービスが追加されたわけです。

 

“フル” とは、どういう意味なのか?  どんなメリットがあるのか? できるだけ、わかりやすく説明したいと思います。

 

フルMVNOとは、端的に言えば「基地局以外のすべてをコントロールするMVNO」です。これまでのMVNOは、たとえばNTTドコモのネットワークを使うサービスの場合、ドコモから借りたSIMを使用し、それをスマホに挿すと「NTT DOCOMO」というピクトが表示されました。一方、フルMVNOでは、IIJが作ったSIMを使います。IIJがオリジナルのデザインで製造・販売でき、そのSIMをスマホに挿すと「NTT DOCOMO」ではなく「IIJ」というピクトが表示されます。

 

↑IIJがフルMVNOサービスで用いるSIMカード

 

↑筆者のDSDS(2枚のSIMを挿せる)対応のスマホに挿してみた。2枚目のSIMの事業者名として「IIJ」が表示された

 

加入者を管理する機能が持てることもフルMVNOの特長です。具体的には、SIMの利用を開始したり、一時停止したりといったコントロールが、IIJ独自で行えるようになります。例えば、通信を使わない時期は一時的に利用停止にして、通信費をセーブしたりもできるわけです。万一、紛失したり、盗難に遭ったりした場合に、即利用停止の措置を講じらえるという安心感も高まります。

 

↑MVNOにとって「HLR/HSS」という加入者管理機能を持てることが大きなメリット

 

従来のMVNOでは、海外ローミングサービスは、大手キャリアが提供するサービスに依存する必要がありました。ドコモ回線を使うMVNOの場合は、通話はドコモの「WORLD WING」という国際ローミングサービスが適用されますが、通話料は決して安くありません。また、データ通信の国際ローミングは適用されず、別途モバイルルーターを借りたりする手間が生じました。一方、フルMVNOでは、IIJが独自に提携した海外のMVNOとの接続も実現する見通しです。

 

↑バックアップ回線の提供や、独自の海外ネットワーク接続など、各種オプションサービスが大手キャリアよりも安く提供される可能性も

 

フルMVNOは、大手キャリアの通信設備は利用するものの、ユーザー側には、そのキャリアの名前も特徴もほとんど見えません。要するに、日本国内はもちろん、国際的にも独立した移動体通信事業者となるわけです。

 

↑従来のMVNOを「ライトMVNO」と呼んだ場合の、フルMVNOとの比較

 

↑従来型のSIMだけでなく、IoT向けのチップSIMも提供予定

 

最大の特徴は「SIMライフサイクル管理」

フルMVNOは3月15日、まず法人向けサービスから開始されました。最大の特徴は、SIMを利用しない期間はサスペンド(中断)できる「SIMライフサイクル管理」。使い方によっては、通信費を大幅に節約できそうです。多彩なプランが用意され、契約の規模によっては、オリジナルのデザインやピクト表示も依頼できるそうです。

 

↑「SIMライフサイクル管理」イメージ。使わない期間の利用費を節約できる

 

4月2日からは訪日外国人向けの「Japan Travel SIM」も発売。IIJが自ら開通作業を行えることなどから、回線維持費用を軽減でき、マルチサイズSIM(標準、micro、nanoに対応)が提供されるので、利用者の利便性も向上するはずです。

 

↑訪日外国人向けのSIMもフルMVNOに。価格はオープンだが、ビックカメラでは1.5GBが1998円、3GBが3024円と案内している

 

2018年度の早い時期に、コンシューマー向けのIIJmioでも、「タイプI」という名称でフルMVNOサービスを開始することが予告されています。具体的なプラン内容や料金は発表されていませんが、従来よりも多様なプランやオプションが実現することを期待できます。

 

↑一般向けの格安SIM「IIJmio」のフルMVNOサービスは今年の夏までに開始予定。将来的には、大手キャリアの海外ローミングよりも安価な海外渡航時向けサービスの導入される見通し

 

↑フルMVNOは、あらゆる物がネットワークにつながる時代に向けてIIJが戦略的に取り組んでいる事業

 

フルMVNOも、従来通り、SIMフリーのスマホやタブレットで利用できます。筆者はいち早く試してみましたが、SIMを認識させるために2度の再起動が必要だったことを除けば、従来のMVNOと違いはありませんでした。ただし、従来のドコモ回線を使う「タイプD」は、ドコモのスマホであればSIMがロックされていても使えましたが、フルMVNOの「タイプI」は、ドコモ回線を利用するものの、ドコモのスマホをそのままで使うことはできません。事前にSIMロックを解除しなければならないので注意しましょう。

TAG
SHARE ON