デジタル
デジタル周辺機器
2018/5/23 20:00

自然な会話ができるリアルタイム通訳イヤホンが「まさに最先端の翻訳機!」と話題沸騰

リアルタイムで自然な会話ができる通訳イヤホン「WT2」を支援するプロジェクトが、クラウドファンディングサービスMakuakeでスタート。ハンズフリーのイヤホン型翻訳機に熱い視線が注がれている。

出典画像:「異なる言語でもリアルタイムで会話可能!ワイアレスイヤホン型翻訳機『WT2』」Makuake より

 

イヤホン型翻訳機「WT2」とは?

「WT2」は専用のイヤホンとアプリを連携して、自分の言語を話しながらリアルタイムに翻訳することでシームレスな会話を可能にするアイテム。一つひとつの単語を調べる電子辞書や翻訳アプリ・通訳ツールと異なり、「1つのアプリ・2つのイヤホン」でお互いの言語による会話がサポートされる仕組みだ。

 

「WT2」には使用状況に応じた3つのモードを搭載。会議室や喫茶店など静かな環境で使用する「自動モード」、あまり静かではない環境や長文など複雑な会話に適した「人工モード」、ルートや価格の確認など簡単なやりとりに使う「質問モード」を使い分けることができる。

 

イヤホンの充電は、持ち運びにも便利なコンパクトサイズの充電ケースを使用。充電したケースを持ち歩けば、外出先で電源に接続しなくてもイヤホンを収納しておくだけで充電が行われる。ちなみに、イヤホンはフル充電で2時間のサポートが可能。

出典画像:「異なる言語でもリアルタイムで会話可能!ワイアレスイヤホン型翻訳機『WT2』」Makuake より

 

KICKSTARTERでも大成功を収めたプロジェクト

「WT2」は、これまでにクラウドファンディングサイトKICKSTARTERでも支援プロジェクトを展開。日本円換算で約3000万円を調達する成功を収めてきた。今回の支援プロジェクトは早期割り引きを適用した1万9900円コースなどを用意。残り28日(5月18日現在)で目標金額を大きく上回る、600万円以上の支援が集まっている。

 

イヤホン型の“リアルタイム翻訳機”という未来的なアイテムに、ネット上では「すごい便利アイテムが誕生したな」「まさに最先端の翻訳機。発売に向けて開発頑張って!」「ちょうど海外移住の話が出ているので期待を込めて支援します!」「海外の人と交流する機会が多いので役立ってくれそう」「がんばって語学勉強もしてるけど、これでもう一歩踏み込んだコミュニケーションができる!」といった声が溢れ返った。

 

現在の対応言語は、日本語・中国語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・アラビア語・ロシア語の9言語。7月~9月にかけて韓国語やイタリア語が追加され、2021年までに41カ国語に拡大されるという。よりディープな交流体験のためにも支援を検討してみては?