デジタル
デジタル周辺機器
2018/12/19 17:30

置くだけで充電スタート! iPhoneで使える「ワイヤレス充電器」5選

2018年9月に新たに発売されたiPhone XS、XS Max、XRや前モデルのiPhoneX・8シリーズでは、ワイヤレス充電が可能で、面倒な充電ケーブルの抜き差しが不要となりました。充電器に載せるだけで充電が開始されるので、初めて使ったときにはその手軽さに感動した人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、さまざなタイプのiPhoneで使えるワイヤレス充電器5選を紹介します。

 

目次

 

 


2000万人以上が支持する全米No.1 USB充電ブランドのワイヤレス充電器


Anker PowerPort Wireless 5 Stand (第2世代 Qi ワイヤレス充電器)

Ankerは、2000万人以上が支持する全米No.1 USB充電ブランドです。同ブランドから発売されている「Anker PowerPort Wireless 5 Stand (第2世代 Qi ワイヤレス充電器) 」は、従来のワイヤレス充電器に比べ、約30分間の充電時間の短縮したのが特徴。また、Anker独自の温度管理技術を搭載しているから、ワイヤレス充電器から発生する放熱や過熱リスクを最大限抑えるよう設計し、従来のワイヤレス充電器よりも効率的な充電を可能になりました。縦横どちらの向きでも、置くだけで充電が開始されるので、仕事のグループチャットや記事の閲覧をする場合は縦置きのまま、動画を視聴する場合は横置きで快適に楽しむことができます。

 


薄型でスタイリッシュなデザインが特徴のワイヤレス充電器


Ewin「進化版」Qi ワイヤレス充電器 (第2世代 10W)

スタイリッシュなデザインが特徴の「Ewin『進化版』Qi ワイヤレス充電器」。直径90mm、厚さわずか8mmとコンパクトでスリムな本体は、側面にアルミ風の質感を持たせており、シンプルでありながらさり気ない高級感を演出。従来のワイヤレス充電器にはなかったデザインに仕上がりました。非使用時にも部屋の雰囲気を損なわないのが嬉しいですね。薄型なので持ち運びが簡単なのも◎。もちろんワイヤレス充電器としての機能も申し分ありません。最大10Wの大容量出力なので、ワイヤレス充電器でありながら、高速充電が可能。もちろんケースをつけたままの充電もOKです。

 


ナチュラルなデザインでお部屋の雰囲気を壊さないワイヤレス充電器


Saniki ワイヤレスチャージャー Quick Charge 2.0

Saniki ワイヤレスチャージャーの特徴はなんといってもこのデザイン。ガジェット周辺グッズのなかでも珍しい木目調を採用していることです。ワイヤレス充電器は、無骨なものやスタイリッシュな雰囲気のデザインが多く、「部屋のインテリアとは合わないなあ……」と思っていた人にもぴったりなナチュラルなデザインです。安定したスタンド型を採用しているので、横置きor縦置きどちらでも使えるのが嬉しいポイント。視認性の高いLEDリングにより、機器とワイヤレス充電器の状態が一目でわかるのも◎ 。また底面の滑り止めゴムがついているので、スマホが誤って落ちてしまう心配もありません。

 


車載ホルダーも兼ね備えた2in1タイプのワイヤレス充電器


Humixx Qi車載ワイヤレス充電器

ワイヤレス充電器を使うのは自宅やオフィスの中だけ、なんて思っていませんか?「Humixx Qi車載ワイヤレス充電器」なら、本体をエアコンのフィンに固定するだけで、車載ホルダーとしてもワイヤレス充電器としても使用できるんです。急速充電対応だから、カーナビアプリとBluetoothでの音楽再生をさせながらでも、急速充電OK!また、車載用ならではの工夫も多数。ホルダーの爪はゴム製のパッド付きなので、振動で揺れる車内でも、スマホをしっかりと掴んでキズをつけにくい仕様です。ロック式なので、普通のメタルプレートを貼る必要がなく、スマホにも車も負担がないのも◎。

 


Apple Watchもスマートフォンも同時に充電できるワイヤレス充電器


BNCHI Qi 急速 ワイヤレス充電器第二代

Apple Watchをお持ちならこんなワイヤレス充電器はいかがでしょうか? 「BNCHI Qi 急速 ワイヤレス充電器第二代」は、Apple WatchとiPhoneを含むスマートフォンを一緒に充電できるマルチ充電ベースです。ワイヤレス充電モジュールは、充電に必要な電力量を自動で判断。10Wもしくは7.5Wで充電を開始します。スマートフォンが完全に充電されたあとは保護モードに切り替わり、安定した電流が流れる仕組みになっているので、過度に熱くなったりバッテリーが傷んだりする心配も不要です。そのほか、Qi、CE、FCC、RoHS認証を受けているので、安心して使用できるのも高ポイント。

 

目次に戻る

 

 

TAG
SHARE ON