デジタル
デジタル周辺機器
2018/12/18 19:30

落とし物&忘れ物スマートタグ、目覚ましい速度で進化中! 注目の5選

設定した起床時間になると自動で開くカーテン、外出先でスマホから中身を確認できる冷蔵庫、外出先からリアルタイムでペットの様子を見守ることができるカメラ、財布や鍵の場所がわからなくなった時にどこにあるかを音で知らせてくれるタグ……このように、モノとインターネットをつなぐ「IoT」の市場規模は近年どんどん大きくなっています。

 

少々ハードルの高いIoT製品ですが、まずは日常生活の中で便利に使えるスマートタグでIoTを体験してみるのはいかがでしょうか?今回は初めてスマートタグを使う人にもおすすめなスマートタグ5選を紹介します。

 

目次

 

 


話しかけるだけで探しものが見つかる!AIアシスタント対応スマートタグ


Tile Mate(電池交換版)

日米シェアNo.1落とし物トラッカーが「Tile」。これまで自分で電池交換が出来なかった同製品ですが、ユーザーの要望に応えて電池交換が可能に。Bluetoothの接続範囲も従来比1.5倍の45mになり、発見率を上げるため音量もアップしました。さらに、Siri、Amazon Alexa、Google アシスタントに対応。「アレクサ、タイルでスマホを鳴らして」「OK Google, タイルを使って鍵を鳴らして」「Hey Siri、鍵を見つけて」と話しかけるだけで探し物が見つかります。

 


SONYのデザインチームがデザインを担当! シンプルでスタイリッシュなスマートタグ


Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)Q-ST1

「Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)」は、大切なモノとスマホをつなげる小さなアクセサリー。スマホとスマートタグをBluetoothで接続することで、専用アプリからスマートタグのブザーを鳴らしたり、地図上から場所を確認したりできます。逆に、「Smart Tag」のボタンを押すことでスマホがどこにあるか見つけることも可能。プロダクトデザインは、ソニーのデザインチームが担当。「お気に入りのアイテムにシンプルに取り付けられることがスマートタグとして一番重要なこと」。そんな思いでデザインをとことん追求したのだそう。

 

 


スリム&高耐性にパワーアップ! 世界最小クラスのスマートタグ


MAMORIO S(マモリオ エス)

世界最小クラスの落し物防止タグ 「MAMORIO」から、新発売になったのは、性能とスタイルにこだわったスペシャルバージョン 「MAMORIO S」。従来モデルより厚みは0.6mm薄く、重さは0.6g軽量に。 スリムになっても、高品質の素材を採用したことにより耐久性がアップ。 破損しづらいため様々な場所に安心して付けられます。サイズ&質量は縦35.5mm×横19mm×厚さ2.8mm/2.4g。このコンパクトさなら、名刺入れに入れてもかさばらず、どんなものにつけても違和感を感じさせません。 鍵、お財布、バッグなどの貴重品から、ノートパソコン、カメラ、電子機器の紛失防止や盗難防止などに手軽に使えるスマートタグです。

 


好きな場所にペタッと貼るだけ!シール型スマートタグ


MAMORIO FUDA(フューダ)

こちらは同じく、世界最小クラスの落し物防止タグ 「MAMORIO」のシリーズの「MAMORIO FUDA」。これまでの紛失防止デバイスは、キーホルダーやポケットなど デバイスを取り付けたり、格納する場所が必要でしたが、MAMORIO FUDAは好きな場所にペタッと貼るだけで、「お札(ふだ)」のように あなたの大切なモノを守ってくれますよ。使い方は、MAMORIOやMAMORIO Sと同様、 スマートフォン専用アプリをダウンロード後に、製品とBluetooth接続してから利用できます。

 


iPhone 7と同等の防塵・防水機能! 水に落としても安心なスマートタグ


Amour EASY KEY FIND

「Amour EASY KEY FIND」は、軽量防塵防水仕様のBluetooth 4.0対応のスマートタグ。iPhone 7と同等の防塵・防水機能を備えているので、水中で落としてしまっても安心で、キーファインダーからもスマホからも半径最大35mまで遠隔操作可能。なおかつ、80デシベルの高音ブザーだから、探し物もすぐ見つかります。本体ボタンは、スマートフォンのカメラのシャッターとしても機能するのもポイント。セルフィー写真を取りたい時や、大人数での記念写真を取りたい時は、このリモートシャッター機能が活躍しそうですね。カラーバリエーションは、6色と豊富でポップでカラフルなカラーを用意。キーケース、スマホ、バッグ、ウォレットなどの持ち物にその日の気分に合わせて色を変えるのもおすすめです。

 

目次に戻る

 

 

TAG
SHARE ON