デジタル
2016/5/20 16:27

押し叩いて演奏! ハッキングもできる3Dパッド搭載MIDIコントローラー「CMG」

5月20日(金)11時より、センサー開発ベンチャーのタッチエンスは「CMG」プロジェクトをスタートさせました。「CMG」はPCの音楽作成ソフトを経由して演奏するというMIDIコントローラーで、タッチエンスと楽器デザイナーの中西宣人氏が共同で開発したものです。

 

20160520-01 (6)

「CMG」の内部は、柔軟触覚センサー「ショッカクポット」が4×4のグリッド状に配置されています。これら16個のセンサーにより、タッチパネルのような2次元平面上の情報に加えてパッドへの圧力も活用できる3Dタッチパッドが実現しました。「CMG」の3Dタッチパッドを使えば、楽器のピッチやボリューム、ハーモニーなどをXYZ軸の3次元で表現できます。

 

20160520-01 (2)

柔軟なインターフェイスも特徴のひとつ。“指でなぞる、押す、叩く、手の平全面で押す”といった様々なアクションで演奏することができます。センサーとセンサーの間を押した場合もセンシングすることができるため、パッド全面を使った縦横無尽な操作も可能となっています。

 

20160520-01 (4)

「CMG」はPC上のDTMソフトウェアと簡単に連携ができます。パッドによる演奏、音階に合わせたシーケンス演奏など、直感的な音のコントロールをすぐに楽曲として記録。「楽曲制作」「ライブパフォーマンス」「DJ」「複数人でのセッション」などの様々な場面で使うことも可能です。

 

20160520-01 (5)

「CMG」は“演奏の「かたち」から自由になる”という理念のもとに設計されており、プログラミングによるハッキング(改造)を推奨しています。触り方や出る音などをプログラミングによって変えられます。例えば、本プロダクトをゲームのコントローラーとしても活用出来るよう、プログラミングすることも可能です。

 

 

セッションからライブまで、さまざまなシーンに合わせて活用できる「CMG」。あなたも本製品を購入して、開発コンセプトでもある“新しいものを創りたい”という想いに賛同してみませんか。

 

※こちらの商品は、実行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集するプラットフォーム「Makuake」から誕生したプロジェクトになります。プロジェクトの一部のコースに参加することにより、本製品が手に入る仕様となっています。コースによっては、定員数が設定されているものもありますので、お早目にご参加ください。

 

「URL」 https://www.makuake.com/project/cmg/