デジタル
スマートフォン
2019/4/13 19:30

スマホにアートを! 名画を持ち歩ける「スマホ用スキンシール」5選

スマートフォンのアクセサリーは様々ありますが、気軽に手持ちのスマホの雰囲気を変えられるのがスキンシールです。スキンシールはスマートフォン本体に直接貼るのが特徴。スマホケースと違って厚みも重さもないので、デザインは変えながらもスマホの使い勝手はいつも通りに保てるというメリットがあります。そこで今回は豊富なデザインのなかでも、手持ちのスマホをアートな雰囲気に変えてくれる名がモチーフのスキンシールをご紹介します。

 

目次

 


モネの「散歩、日傘をさす女性」でやさしい雰囲気を醸し出す


A&S iPhoneX対応 全面スキンシール 003201

 


 

モチーフは、印象派の巨匠であるクロード・モネの代表作のひとつで、モネの妻と息子が草原を散歩する様子を下から眺めるようにして描いた「散歩、日傘をさす女性」。貼るだけで無機質なスマホにやさしい雰囲気を与えてくれます。全面デザインのスキンシールで隙のない仕上がりになります。シールの跡が残りにくい特殊な再剥離性のある3M社製シートを採用。貼り付け位置の微調整もできるので、初めての方でも安心です。

【詳細情報】
対応機種:iPhoneX

 


人気の名画「真珠の耳飾りの少女」でスマホを彩る


iPhone7Plus対応 全面スキンシール 003190

 


 

美術に詳しくなくても誰しも一度は目にしたことがあるであろう、オランダの画家、ヨハネス・フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」がモチーフとなっています。吸い付くように接着するスキンシールには特殊なエアフリー加工が施されているため、気泡が抜けやすく簡単に貼り付けられます。保護フィルムなどの上から貼ると上手く貼れない可能性があるので、スマホ本体に貼るようにしましょう。

【詳細情報】
対応機種:iPhone7Plus

 


落ち着きあるデザインを求める人におすすめな「星月夜」


igsticker Xperia XZ3 SO-01L/SOV39/801SO対応 全面スキンシール 003221

 


 

オランダの画家であるゴッホの代表作の一つ「星月夜」がモチーフになっており、どことなくミステリアスな雰囲気を放ちます。絵は高精細プリントで写真と遜色のない仕上がりになっており、半光沢シートでしっとりツヤのある質感に。日常的な使用でも付きがちなちょっとしたすり傷からケータイ本体を保護します。再剥離素材なので貼り付け時の調整も安心です。

【詳細情報】
対応機種:Xperia XZ3 SO-01L/SOV39/801SO

 


迫力と存在感あふれるナポレポンの勇姿で差をつける!


igsticker AQUOS sense2 SH-01L/SHV43対応 全面スキンシール 003184

 


 

フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドによる「ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト」がモチーフのスキンシール。高精細プリントで迫力ある仕上がりになっています。存在感があるので、スマホのデザインで周りの人と差をつけたい人にもおすすめです。接着部にエアフリー加工を施しているので接着時に気泡が入る心配を軽減しています。

【詳細情報】
対応機種:AQUOS sense2 SH-01L/SHV43

 


スマホの背面に広がるダ・ヴィンチの「最後の晩餐」


GalaxyS9 SC-02K/SCV38対応 011457

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチによる名画「最後の晩餐」がスマホの背面に広がります。貼る際はカメラ穴を位置の基準にするとズレにくくなるほか、背面の縁や側面など本体がカーブしている部分に貼る際は、ドライヤーで軽く温めるとシールが柔らかくなって張りやすくなります。貼った後はそのまま持つのはもちろん、貼った上から手持ちのクリアケースを付けても問題ありません。

【詳細情報】
対応機種:GalaxyS9 SC-02K/SCV38

 

目次に戻る