デジタル
デジタル周辺機器
2019/6/17 21:00

最近の「自撮り棒」、結構進化している。ネットで高評価の3選

SNSの普及で誰でも簡単に写真や動画を投稿し、楽しい思い出を共有できるようになりましたが、そんななか思い出作りの必需品となったのが自撮り棒。自撮り棒は旅行やレジャー、アウトドアなどで大人数での撮影はもちろん、全身コーデの撮影や動画配信などといろいろなシーンで活躍するアイテムです。一時期よりは話題に上がることが少なくなったアイテムですが、使い勝手や機能性が色々と進化していました。今回は、ネットで評価の高いアイテムを5つピックアップ。紹介していきます。

 

目次

 

 


三脚付きで優れた回転設計


Bronze 三脚付きセルカ棒


 

 

Bluetooth機能搭載のスマホに対応しており、Bluetoothリモコンと三脚が一体になっています。リモコンは本体から取り外せるので、リモート撮影も可能。5段階伸縮タイプで19.5cmまでコンパクトに収納でき、鞄の中に入れても邪魔にならず持ち運べます。ヘッドとスティック接続部分は360度、クランプ部分は245度回転できるなど、柔軟性の高い回転設計により簡単に最適な撮影アングルを見つけることができます。背面には大きなミラーがついているので、スマホの背面カメラで撮影する際にミラーで確認しながら撮影ができます。

【詳細情報】
サイズ:最短19.5cm
重量:152g

 


人前で使いたくなるピンク色がキュートな自撮り棒


FNOVA 三脚付き自撮り棒


 

 
3段階調光機能付きのライトがついているので、夜の撮影やより自撮りの写りにこだわりたい人におすすめです。本体に取り外し可能なBluetoothリモコンが付いており、Bluetoothでスマホと接続するだけで約10m離れた場所からでも撮影ができます。7段階伸縮機能付き。ユーザーからは「(無機質なカラーの自撮り棒がが多いなか)ピンクで可愛い点が気に入って購入しました」という声も。

【詳細情報】
サイズ:最短/22cm、最長/112cm
重量:209g

 


手のひらサイズに折りたためて携帯性抜群!


Trackbee 三脚付き自撮り棒


 

 
アプリなどを使わずBluetoothで簡単に接続できる自撮り棒。三脚スタンド付きで、スマホでのライブ配信にもおすすめ。三脚は安定感があるので、写真撮影のときだけでなく、動画視聴の際にもおすすめです。サイズは20cm〜100cmまでの7段階調節。手のひらサイズに折りたたむことができ、重さはわずか230gなので持ち運びにも便利です。レビューでは「Bluetoothも一発で接続できてスムーズでしたし、反応も良し!最高!」と絶賛するユーザーも。

【詳細情報】
サイズ:最短20cm、最長/100cm
重量:230g

目次に戻る

TAG
SHARE ON