デジタル
2019/5/27 21:00

電気で「いびき」を解消! 世界中の期待を集める中国発のウェアラブルデバイス

GetNavi webでは、これまでも何度も快眠のためのデバイスを紹介してきました。しかし単純な解決法がなく、多くの人を悩ませているのが「いびき」。その原因にもなる睡眠時無呼吸症候群を抱える夫婦間では離婚率が高まるとも言われており、この症状を改善することで夫婦関係をよくしていくという研究もあるくらいです。そんな深刻ないびきの分野において最近、新しいウェアラブルデバイスが海外で開発されました。その名も「Snore Circle Smart Anti-Snoring Muscle Stimulator」(SCSAMS)です。

SCSAMSは喉に直接貼り付ける設計が特徴。デバイスにはセンサーが搭載されており、いびきの音を検知すると、10-60Hzの微小な電気刺激を顎のすぐ下の部分に送ります。これによって喉の筋肉を少し緊張させ、気道を広げるという仕組み。その結果、呼吸がよりスムーズかつ静かになり、いびきも改善されるというわけです。

 

SCSAMSには専用のアプリ「Sleeplus」があり、ユーザーの睡眠をトラッキングしてくれます。いびきの抑制にどれだけ成功しているか、睡眠クオリティがどのレベルかを見える化してくれるので、デバイスの効き目を本人が目で見て確認することが可能。

 

価格は1台約8600円で、Muscle Stimulatorと喉に貼り付けるパッド部分の交換パッドが40個ついてきます(配送料別)。交換パッドは専用のものになっており、30個のセットが約1600円で購入できます。

 

既に必要な開発資金をクラウドファンディングで調達しているSCSAMS。開発者は中国の深圳市を拠点とするVVFLY Electronicsという会社で、以前にもイヤフォンやアイマスク型のいびき対策デバイスをいくつか製作しており、耳から目、喉へと着眼点を変えながら製品開発に挑戦している模様。

SCSAMSの完成プロダクトは予約順にユーザーの手元に届きつつあり、コメント欄にはユーザーの感想も多く書き込まれています。「素晴らしいプロダクトです。前作のSnore circle eye maskは、私には効き目はなかったけれど、Muscle Stimulatorは本当に効果があります。爆音のいびきがほぼ消えたんですから。私の妻も証言しています」「とてもいいプロダクト。ほかのコメントではパッド部分がうまくくっ付かないと言っている人がいるけれど、私はデバイスをくっ付ける部分のヒゲを剃って、アルコールを刷り込んで乾いた状態にすればくっ付きました」

 

Amazonでも高評価を得ているいびき対策プロダクトはたくさんありますが、SCSAMSのように「いびきが小さくなった」「いびきが消えた」とコメントされているレビューはなかなか珍しいように思います。

もちろん、SCSAMSには後ろ向きのコメントがないわけではありません。「自分には効き目がなかった」「喉からはがれ落ちる」といった声があるのも事実。しかしコメント欄を見る限り、VVFLYは返金のリクエストにきちんと対応している様子。SCSAMSへの期待は今後も続きそうです。