デジタル
通信機器
2020/11/10 18:00

ポケットWiFiのレンタル全21社比較!国内・海外向けのオススメをレンタル日数ごとに解説

レンタルポケットWiFi

ポケットWiFiをレンタルすれば必要な期間だけムダなく利用できますが、料金は選ぶ会社によって変わりますのでいちばんお得なところで契約したいですよね。

ずばり!国内向けのポケットWiFiのレンタル会社12社の最新料金を比較したオススメ3選は以下のとおりです。

また、海外向けのレンタルポケットWiFi を取り扱う9社を比較した結果、たとえば韓国へ渡航するならフォートラベルGLOBAL WiFiが最安値で契約できますよ。

博士
ポケットWiFiのレンタル会社を選ぶ3つのポイントや、申込からレンタル開始、返却までの流れもくわしく解説しているぞ。

手軽にポケットWiFiをレンタルしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに、1年単位の長期でポケットWiFiを利用する方はレンタルよりも買取型のサービスを契約した方が断然安くすみます。

買取型のポケットWiFiについてはこちらの記事でオススメの契約先を紹介しているので、あわせてご覧ください。

※この記事は、2020年11月時点での情報です。

【2020年最新】ポケットWiFiをレンタルするならここ!短期・中期・長期・海外別のオススメを解説

まずは国内向けのポケットWiFi最新12社を、一覧表で比較しましょう。

データ容量2泊3日4泊5日6泊7日9泊10日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
NETAGE
(FS030W)
無制限
1,110円
1,850円
2,590円
3,700円
5,180円
6,800円
20,400円
送料:
500円
返却時:
500円
Wi-Fiレンタル どっとこむ
(601HW)
無制限
(1日1GB)
1,200円
2,000円
2,800円
4,000円
5,600円
6,000円
15,780円
受取手数料:
500円
送料:
470円~
WiFi東京
(501HW)
無制限
(1日3GB)
1,200円
2,000円
2,800円
3,500円
6,000円
16,500円
往復送料:
1,000円
e-ca
(601HW)
無制限
(1日1GB)
1,200円
2,000円
2,800円
4,000円
5,600円
6,000円
17,580円
送料:
500円
返却時:
500円
ワイマックスレンタル.com
(W05)
無制限
(3日10GB)
1,750円
3,500円
5,990円
17,970円
往復送料:
990円~
1,100円
Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
無制限
(3日10GB)
1,470円
2,450円
3,430円
4,900円
6,860円
7,350円
18,300円
往復送料:
1,100円
縛りなしWiFi
(PocketWiFi)
無制限
(1日2GB)
3,300円
9,900円
事務手数料:
3,000円
SPACE WiFi
(WiMAX)
無制限
(3日10GB)
3,680円
11,040円
なし
DMMいろいろレンタル
(WX05)
無制限
(3日10GB)
4,430円
10,320円
往復送料:
1,100円
HUNDRED Wi-Fi
(U3)
100GB
4,450円
13,350円
事務手数料:
3,000円
FujiWiFi
(H01)
実質150GB
(1日5GB)
4,450円
13,350円
事務手数料:
3,000円
WiFiレンタルJapan
(JT101)
45GB
6,500円
19,500円
往復送料:
990円~
1,100円

自分にあったレンタルポケットWiFiを選ぶためには利用期間やエリア、データ容量といった3つのポイントをチェックすべきですが、結論として条件別に以下の3社がオススメです。

博士
では、3社のレンタルポケットWiFiのサービスについて、くわしく説明していくぞ。
助手のジョン
ちなみに、ぼくは海外旅行向けのポケットWiFiをレンタルしたいんだけど、オススメはある?

旅行や出張で海外向けのレンタルポケットWiFi をレンタルしたいなら、フォートラベルGLOBAL WiFiが最安値で契約できます。

あわせて解説していくので、ぜひチェックしてくださいね。

【5日以内の短期なら】ワイマックスレンタル.com

ワイマックスレンタル.comトップページ

4泊5日までの短期間なら、ワイマックスレンタル.com が最安値で契約できます。

ワイマックスレンタル.comは、UQWiMAXの独自回線を使ったWiMAXがレンタルできますが、データ容量無制限のプランが利用できるので、動画やゲームなどもたっぷり楽しめますよ。

たとえば下り最大通信速度708Mbpsの高速通信が期待できる機種・W05をレンタルした場合、レンタル料金は以下のとおりです。

レンタル料金(無制限プラン)
2泊3日
4泊5日
1,750円
6泊7日
9泊10日
3,500円
13泊14日
30泊31日
5,990円
89泊90日
17,970円
その他費用
往復送料:990円~1,100円
助手のジョン

無制限のポケットWiFiを安くレンタルしたい人にもオススメだね!

ただし、WiMAXを使ったレンタルポケットWiFiは無制限プランとはいえ、短期間で大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかるので覚えておきましょう。

WiMAXの速度制限とは

  • 速度制限の条件:3日間で10GB以上のデータ通信
  • 速度制限期間:条件に達した翌日18時~翌々日2時の約8時間
  • 速度制限中の速度:おおむね1Mbps

WiMAXは速度制限にかかってしまっても夕方から深夜だけで、おおむね1Mbpsの速度が出ます。

おおむね1Mbpsの速度があればYouTubeの標準画質で動画が見られる程度ですので、安心してくださいね。

WiMAXについてはこちらの記事でも解説していますので、あわせてチェックしておきましょう。

\短期間レンタルにオススメ!/

ワイマックスレンタル.comの詳細はこちら

【2週間以内の中期なら】WiFi東京

WiFi東京トップページ

レンタル期間が2週間ほどなら、WiFi東京が安く契約できますよ。

WiFi東京でレンタルできるのはソフトバンクのLTE回線を使ったPocketWiFiの501HWです。

データ容量は無制限ですが、1日に3GB以上通信すると速度が低下することもあるので使いすぎには注意しましょう。

WiFi東京のレンタル料金は以下のとおりです。

レンタル料金(無制限プラン)
2泊3日
1,200円
4泊5日
2,000円
6泊7日
2,800円
9泊10日
3,500円
13泊14日
30泊31日
6,000円
89泊90日
16,500円
その他費用
往復送料:1,000円
助手のジョン

2週間のレンタルなら他社と比べても安く契約できるよ。平日17時までに申込めば当日発送してくれるのもうれしいポイント!

\中期間レンタルにオススメ!/

WiFi東京の詳細はこちら

【1か月単位の長期なら】縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

1か月単位でポケットWiFiをレンタルするなら、月額料金が設定されている縛りなしWiFiを選びましょう。

レンタル料金(無制限プラン)
30泊31日
3,300円
89泊90日
9,900円
その他費用
事務手数料:3,000円

縛りなしWiFiは月単位で料金が発生するので1~2週間程度利用したい方にはオススメできませんが、1か月を超える場合は日単位のレンタル会社より割安です。

4泊5日6泊7日9泊10日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
WiFi東京
(501HW)
2,000円
2,800円
3,500円
6,000円
16,500円
往復送料:
1,000円
ワイマックス
レンタル.com
(W05)
1,750円
3,500円
5,990円
17,970円
往復送料:
990円~
1,100円
縛りなしWiFi
(PocketWiFi)
3,300円
9,900円
事務手数料:
3,000円

ワイマックスレンタル.com、WiFi東京のレンタル料金は、9泊10日を超えると縛りなしWiFiの月額3,300円を上回ります。

博士

月額のポケットWiFiは長期間レンタルするほど、短期間のレンタルに比べてお得になるのだ!

縛りなしWiFiでは現在、ソフトバンクLTE回線を使うPocketWiFiがレンタルできますが、機種はランダムで届くので選べません。

基本的に1か月のデータ容量は無制限ですが、1日2GB以上の通信で当日中最大128Kbpsの低速状態に制限されますよ。

また、縛りなしWiFiは申請した翌月末に解約となるので、レンタルを終了したい場合は早めに問い合わせフォームから連絡しましょう。

\長期間レンタルにオススメ!/

縛りなしWiFiの詳細はこちら

【海外向けなら】フォートラベルGLOBAL WiFi

ここまで紹介してきたポケットWiFiのレンタル会社は、国内でのみ利用できるサービスです。

もしあなたが海外へ渡航する間だけポケットWiFiをレンタルしたいなら、海外向けのポケットWiFiを探しましょう。

今回は海外向けポケットWiFiを提供する9社のサービスも、比較しています。

レンタル料金
(最安値)
送料・その他費用対応可能な国や地域受取・返却方法
フォートラベル
GLOBAL WiFi
448円~/日
(韓国、300MB)
・空港での受取返却無料
・国内配送:500円
・補償:200円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
・現地空港
グローバル WiFi
670円~/日
(韓国、300MB)
・空港での受取
(国内・現地、返却込)
:500円
・国内配送(返却込)
:500円
・補償:200円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
・現地空港
Sakura Mobile
680円~/日
(台湾、無制限)
・現地での受取返却無料
・国内配送(返却込)
:1,000円
・補償:200円~/日
アジアと欧米など10か国
・国内配送
・国内空港
・現地空港
イモトのWiFi
680円~/日
(韓国、500MB)
・東京本社での受取返却無料
・国内空港や配送での受取:500円
・補償:200円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
・東京本社で受取
Wi-Ho!
750円~/日
(韓国、300MB)
・商品手配手数料540円
・国内配送無料
(3,000円以上利用の場合)
・補償:330円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
JAL ABC
1,000円~/日
(全世界一律、Web限定、無制限)
・空港での受取返却無料
・国内配送:750円
・補償:210円/日
150以上
・国内配送
・国内空港
Wi-Fiレンタル
どっとこむ

(GlocalMe)
670円/日
(韓国、500MB)
+国内レンタル料金
(450円/日)
・空港での受取500円
・国内配送:500円
・補償:40円/日
100以上
・国内配送
・国内空港
HUNDRED Wi-Fi
900円~/日
(韓国、500MB)
+月額3,450円
事務手数料:3,000円
/初回のみ
135以上
国内配送
FujiWiFi
980円/日
(全世界一律、1GB)
+月額:4,450円
・補償:250円~/月
・事務手数料:3,000円
/初回のみ
93以上
国内配送

海外向けポケットWiFiでは、フォートラベルGLOBAL WiFiが最安値で利用できます。

フォートラベルGLOBAL WiFiはデータ容量によって料金が異なり、たとえば韓国で1日300MBまで利用できるプランなら448円でポケットWiFiが使えますよ。

ただし、海外向けポケットWiFiは渡航先によってレンタル料金が変わる会社が多いので、必ず行き先ごとの金額を調べておいてくださいね。

\海外向けレンタルにオススメ!/

フォートラベルGLOBAL WiFiの詳細はこちら

ポケットWiFiのレンタル会社を選ぶポイント

ポケットWiFiのレンタルをする際には、以下の3つのポイントをチェックしながら自分にあった会社で申込みましょう。

博士

せっかくポケットWiFiをレンタルするのだから、快適に利用できるサービスを選ぼう!

希望した利用期間レンタルできるか

ポケットWiFiのレンタル会社を比較してもわかるとおり、レンタルできる期間は1日単位や数日単位、1か月単位など契約先によって大きく違います。

まずは自分の利用したい期間にあわせて契約できる会社はどこか確認し、その中でもっとも安く利用できるサービスをを選びましょう。

利用したい場所が提供エリア内か

ポケットWiFiは専用の端末で契約した回線の電波を受信して、インターネットをつなげます。

利用する回線はポケットWiFiによって異なり、提供エリアもそれぞれ違いますよ。

主な回線ごとに提供エリアを比較してみましょう。

ポケットWiFiの種類利用する回線
(エリア検索ページ)
提供エリア
(都市部)
提供エリア
(地方)
WiMAX
WiMAX2+
au
ワイモバイル
docomo
クラウドSIM

携帯電話業界でも最大手のドコモのLTE回線を使うポケットWiFiは、日本全国ほとんどの場所でしっかりと電波をキャッチして接続できます。

今回紹介した11社のポケットWiFiの中では、WiFiレンタルJapanで契約できるJT101がドコモ回線を使っています。

また、最新技術・クラウドSIMを使ったポケットWiFiはドコモ・ソフトバンク・auの3大携帯電話キャリアの電波の中から、今いるエリアにあわせてキャッチし接続してくれます。

クラウドSIMのポケットWiFiはHUNDRED Wi-FiFujiWiFiで取り扱っていますよ。

都市部にお住まいの方や広いエリアを移動することが少ない方はあまり考えなくてもいいですが、地方住まいの方や移動が多い方は提供エリアの広さも重視して選んでくださいね。

データ容量はニーズにあっているか

ポケットWiFiは基本的に2つのプランにわかれています。

ポケットWiFiの主なプラン
  • データ容量無制限のプラン
  • データ容量の上限が定められているプラン

データ容量無制限のプランは基本的に1か月たっぷりとインターネットができるので、長時間の動画視聴や複数の機器を接続したい人にオススメです。

ただし、短期間の速度制限があるので、速度制限の条件にすぐ到達してしまう使い方をするようならストレスがたまってしまう可能性があります。

データ容量の上限があっても月間100GBまで利用できる大容量プランが契約できるレンタル会社もあるので、自分の使い方にあわせて選びましょう。

たとえば、HUNDRED Wi-Fiなら1か月単位のレンタルポケットWiFiですが、100GBのデータ容量を使い切るまでは無制限でインターネットができますよ。

博士

自分にあったデータ容量を見極めるために、インターネットの利用目的にあわせたデータ量の目安もチェックしておこう!

助手のジョン

1GBでできることを表でまとめてみたよ!

利用目的1GBの目安
メール送信
約2,000通
LINE電話
約50時間
Twitter
(140文字でツイート)
約3,100回
YouTube(低画質)
約3時間
YouTube(高画質)
約1.5時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約6時間
オンラインゲーム のアップデート
(SwitchやPS4)
1回未満
(1.5GB~10GB以上)
Hulu
(ハイビジョン画質)
約1時間
ZOOMでのビデオ通話
約1.5時間

一度確認しよう!レンタルポケットWiFiがおすすめはこんな人

助手のジョン

オススメのレンタルポケットWiFiや選ぶポイントはわかったけど、実は買取型を選んだほうがお得だったりするのかな?

博士

本当にレンタルのポケットWiFiを選んでしまっていいのか不安な人に向けて、契約がオススメできる人を解説していくぞ!

ずばり、ポケットWiFiを買取ではなくレンタルが向いているのはこんな人です。

上記のオススメできる人に当てはまらない場合の選択肢も解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

好きなタイミングでポケットWiFiを解約したい人

ポケットWiFiをレンタルしたい人のニーズとしては、以下の使い道が多いのではないでしょうか。

レンタルポケットWiFiのよくある使い道
  • 旅行中の利用
  • 入院中の利用
  • 引越しや回線の乗りかえなど光回線開通までのつなぎ

普段とは違う場所や状況でネット環境が必要になった人にとって、長期間の契約期間がなく違約金もかからないレンタルポケットWiFiの利用は向いています。

もし、入院期間が未定だったり、光回線の開通工事の実施時期がわからなかったりと、契約時点でいつまで使うかわからなくても、レンタルポケットWiFiなら必要ではなくなった時点で解約できるので便利ですよね。

必要な期間だけ安くポケットWiFiを契約したい人

ポケットWiFiは長期間の利用を約束して契約したほうが、割引などが適用されて安くなる場合があります。

しかし、数日、数週間の利用なら短期間のレンタルに対応したポケットWiFiを使ったほうが安いですよ。

先ほど縛りなしWiFiの項目で紹介した表を、もう一度みてみましょう。

4泊5日6泊7日9泊10日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
WiFi東京
(501HW)
2,000円
2,800円
3,500円
6,000円
16,500円
往復送料:
1,000円
ワイマックス
レンタル.com
(W05)
1,750円
3,500円
5,990円
17,970円
往復送料:
990円~
1,100円
縛りなしWiFi
(PocketWiFi)
3,300円
9,900円
事務手数料:
3,000円

たとえば、5日間だけポケットWiFiをレンタルする場合、ワイマックスレンタル.comなら往復送料を含めて2,740円~で利用できます。

縛りなしWiFiは1か月間しか利用しなくても解約は翌月末になるので、2か月分のレンタル料金と事務手数料あわせて9,600円がかかります。

短期間だけ利用するなら希望にあったレンタル会社を選ぶとコスパがいいですね。

ポケットWiFiの使用感を確かめたい人

ポケットWiFiをWiMAXなどの買取型で契約すると、契約期間が通常2~3年で設定され、契約期間以内の解約で違約金がかかります。

しかし、無線の電波を端末で受信するポケットWiFiは実際に使ってみなければ快適に利用できるかわからないのも事実です。

もし満足のいく使い方ができなくても、解約に違約金がかかると思うと契約を迷ってしまいますよね。

そんな時、契約したい回線のポケットWiFiをレンタルできれば使用感が確かめられるので、長期的に利用しても問題なさそうか判断しやすくなります。

ただし、同じ回線を使うサービスでも通信速度やつながりやすさは機種によっても変わるので、利用したい端末と同じタイプをレンタルするようにしましょう。

長期間利用やキャンペーン重視なら買取型のポケットWiFiがオススメ

もし、1年以上の長期間ポケットWiFiを利用する場合や、キャッシュバックなどのキャンペーンも重視したいなら、レンタルではなく買取型のポケットWiFiもオススメですよ。

買取型のポケットWiFiは契約期間が長く定められている代わりに、料金面やキャンペーン面は充実しています。

今回紹介したオススメのレンタルポケットWiFiと料金やキャンペーンを比較し、2年間利用した場合の実質料金をチェックしてみましょう。

博士

実質料金とは2年間の月額料金や初期費用からキャッシュバック額などを引いた、実際に払う総額料金のことじゃ!

種類契約先実質料金
(2年間)
契約期間初期費用月額料金キャッシュバック
レンタル縛りなしWiFi
(PocketWiFi)
82,200円
なし
事務手数料:
3,000円
3,300円
0円
WiFi東京
(501HW)
133,000円
なし
往復送料:
1,000円
6,000円
0円
ワイマックスレンタル.com
(W05)
144,750円
なし
往復送料:
990円~
1,100円
5,990円
0円
ゼウスWiFi
(20GB)
50,520円
2年
事務手数料:
3,000円
1,980円
0円
Ex Wi-Fi
(50GB)
66,936円
3年
事務手数料:
3,000円
2,780円
0円
買取型MugenWiFi
(100GB)
78,600円
2年
事務手数料:
3,000円
3,150円
0円
GMOとくとくBB
WiMAX
72,528円
3年
事務手数料:
3,000円
1〜2か月目:3,609円
3か月目~:4,263円
最大31,500円CB
Broad WiMAX
83,496円
3年
事務手数料:
3,000円
1~2か月:2,726円
3~24か月:3,411円
0円

たとえば、WiMAXの最新端末が無料でもらえるGMOとくとくBBWiMAXでは最大31,500円の高額キャッシュバックが受け取れます。

また、無制限プランではありませんが、1か月に必要なデータ量にあわせて契約できるゼウスWiFiやEx Wi-Fi、MugenWiFiは月額料金が非常に安いので長期間利用した場合も実質料金がレンタルポケットWiFiの1/2~1/3の値段に抑えられますよ。

助手のジョン

長期間利用するなら、買取型のポケットWiFiも視野に入れて考えてみよう!

\高額キャッシュバック実施中!/

GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

ポケットWiFiをレンタルする際の注意点

ポケットWiFiのレンタルを決めたら、以下の注意点もしっかりと理解したいうえで手続きしてくださいね。

料金は送料や手数料も含めた金額で考えよう

ポケットWiFiをレンタルする際には、レンタル料金だけでなく以下の費用が発生する可能性があります。

ポケットWiFiのレンタル費用
  • レンタル料金
  • 送料
  • オプション料金
  • 事務手数料

ポケットWiFiのレンタルを申し込むと、契約者住所へ端末が宅配便などで配送されてきます。

配送料がかかる場合は契約者負担となる会社が多いですが、提示されている送料が往復分なのか、返却時は別途送料がかかるのかも確認しておきましょう。

また、端末の補償オプションなども申し込みたい場合は、オプション料金が上乗せされます。

レンタル料金の安さだけに注目してもその他の費用が高い場合は、トータルの支払料金が他社を選んだ方が安くなることもあるので、しっかり比較しておきましょう。

レンタルしたポケットWiFiを破損・紛失すると高額の違約金がかかる

レンタルしているポケットWiFiを万が一、破損や紛失してしまうと高額の違約金が請求されることがありますよ。

たとえば、縛りなしWiFiでレンタル中の端末を破損したり無くしてしまったりすると、39,800円の弁済金を支払わなくてはいけません。

また、NETAGEの場合、返却時に本体だけでなく付属品も破損や紛失があった場合は、本体 で40,000円、ACアダプターは2,800円、USBケーブルは2,000円とそれぞれ違約金がかかりますよ。

心配な方は各レンタル会社が用意している補償オプションも一緒に申し込んでおきましょう。

また、端末が無料でもらえるGMOとくとくBB WiMAXなどは、返却する必要もないので多少破損しても使えれば問題ありませんよ。

長期間利用するならポケットWiFiを契約したほうが安い

ある程度長期間ポケットWiFiを利用する場合は、買取型のポケットWiFiを契約したほうが安いです。

もし、長期間の契約期間や違約金が不安なら、契約期間1年のBIGLOBE WiMAXを検討してみましょう。

BIGLOBE WiMAXなら13か月目以降の解約はいつでも違約金0円で手続きできますし、もし12か月以内に解約しても違約金は1,000円です。

端末は19,200円で購入しなくてはいけませんが、契約の翌月には15,000円のキャッシュバックがもらえるので実質4,200円で手に入ります。

博士

1年ほどポケットWiFiを利用するつもりなら、短期向けのレンタルよりもBIGLOBE WiMAXを契約するのがオススメじゃ!

\最低利用期間が1年で安心!/

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちら

ポケットWiFiをレンタルする流れ

ポケットWiFiをレンタルすることを決めたら、申込みから利用開始までの流れを確認しておきましょう。

ポケットWiFiのレンタル費用
  1. インターネットからレンタルを申し込む
  2. 指定した日にポケットWiFiが届く
  3. レンタル期間利用する
  4. レンタル終了日に到着するよう返却する

ポケットWiFiのレンタルは基本的に、インターネットから申込みを受け付けています。

申込手続きをした時間帯によっては、最短で当日発送してくれるところもあるのでお急ぎの方は早く手元に届きそうな会社を選びましょう。

また、契約する会社によっては返却に要する期間もレンタル日に含まれていることがあるので、事前に確認が必要です。

レンタル料金が発生するのはいつからいつまでで、どのように返却すればいいのかを把握したうえで申込みましょう。

海外向けポケットWiFiは空港でもレンタルが可能

国内向けポケットWiFiをレンタルする場合は、とくに指定がなければ契約者住所に配送されます。

ただし、海外向けポケットWiFiをレンタルする場合、渡航する直前に空港で受け取って、帰国後また空港で返却できる会社もありますよ。

渡航日まであまり日がない場合や忘れものが心配な場合は、利便性を考えて事前に空港での受取を予約しておくといいですね。

また、現地の空港で受取や返却ができることもあるので、確認しておきましょう。

ポケットWiFiのレンタルに関するQ&A

ポケットWiFiのレンタルについて多く寄せられる質問にも、答えていきましょう。

助手のジョン

気になる質問があればぜひチェックしてみてね。

無料でレンタルできるポケットWiFiがあるって本当?

WiMAXの回線や端末を提供するUQWiMAXでは、無料でWiMAXの希望機種をレンタルできる「TryWiMAX」が利用できます。

使用感や提供エリアを確かめるために、まったく料金がかからず無制限で15日間たっぷりとWiMAXを利用できますよ。

ただし、15日目にはUQWiMAXが指定した住所に到着するように返送してくださいね。

\WiMAXが15日間無料レンタル!/

TryWiMAXの詳細はこちら

ポケットWiFiのレンタル日数は延長できる?

ポケットWiFiのレンタルを申込んだ際に指定したレンタル日数よりも長く利用したい場合は、契約した会社へ申し出れば延長できますよ。

ただし、延長したいと思った時点であらかじめ契約したレンタル日数が終了する前に申し出なくてはいけません。

勝手に延長したり、レンタル日数を超えてから延長を申し出ても違約金がかかることがあるので気をつけましょう。

ちなみに、レンタル会社のNETAGEは返却しない限り、レンタル期間が自動延長されるプランもあります。

レンタル期間が契約時点で予想できないときは、簡単に延長できるサービス利用してみましょう。

店舗でレンタルできるポケットWiFiはある?

ポケットWiFiはインターネットから手続きができるオンラインショップが多いですが、一部実店舗で直接受取ができる会社もありますよ。

お近くにお住まいの方は実店舗で受け取った方が早く利用開始できることもあるので、問い合わせてみましょう。

まとめ

今回はポケットWiFiをレンタルできる会社を国内外含め全21社比較し、オススメ4社を紹介しました。

また、ポケットWiFiのレンタル先を探す際には、以下の3つのポイントをチェックしながら検討してくださいね。

長期間ポケットWiFiを利用する人やキャンペーンを重視したい人は、レンタルではなく買取型のポケットWiFiのほうが向いている可能性があります。

自分がどれくらいの期間利用するのか、レンタルと買取ではどちらがお得に契約できるのかよく考えながら選びましょう。

\高額キャッシュバック実施中!/

GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら