デジタル
デジタル周辺機器
2021/6/12 19:30

個性的なデザインで長時間作業も疲れにくい!ワイヤレスのエルゴノミクスキーボード5選

ビジネス作業や大学のレポート作成など、長時間PCに向かってキーボードをタイピングするシーンは数多くあります。そんな作業では、集中すればするほど疲労感が増していくもの。この疲労感を少しでも和らげるために導入したいのが、ワイヤレスタイプのエルゴノミクスキーボードです。長時間作業でも疲れにくい設計のキーボードはPC作業の味方。さらに、配線がないため、デスクでの取り回しがよいのも魅力です。今回は、そんなワイヤレスタイプのエルゴノミクスキーボードの中でも、個性的なデザインの製品をご紹介します。

 

目次

 


作業中の手首も保護するパームレスト付き!


マイクロソフト Sculpt Ergonomic Desktop AES L5V-00030

Sculpt Ergonomic Desktopは、先進のエルゴノミクス理論に基づいて設計。分割されたキーボードのレイアウトは、手首と前腕を無理のない位置に保ち、クッション付きのパームレストで手首を保護します。また、疲れや痛みの原因となる手首の動きを減らしやすくするため、キーボードの形状をドーム型にデザインしています。さらに、独立したテンキーにより、作業スペースの自由度が高いのも特徴です。ユーザーからは「真ん中が盛り上がっていて、手のひらを下にした時の人の腕の構造に合わせてくれているので、長時間のタイピングが楽になりました」という声も。

【詳細情報】
サイズ:388×208mm
重量:1.9kg

 


直径25mmの大型トラックボールを内蔵!


サンワサプライ エルゴノミクスキーボード SKB-ERG6BK

2.4GHz対応で、最大約10m離れた場所からでも入力が可能なワイヤレスキーボード。肩に負担を掛けにくいキーの配置や、手のひらをキーボードの上に置けるように大きめサイズのリストレスト構造を採用し、キーボード使用時に楽な姿勢で入力できます。また、手元に直径25mmの大型ボールを内蔵した、トラックボール機能付き。さらに、キーピッチは約19mmとフルサイズ仕様のほか、キーボードにはしっかりとした押し心地のメンブレンタイプを採用しています。

【詳細情報】
サイズ:キーボード/521×236×38mm、レシーバー/18×14×6mm
重量:キーボード/844g レシーバー/2g

 


V字型のキーが首や肩に負担を掛けにくい!


サンワダイレクト エルゴノミクスキーボード タッチパッド付き 400-SKB063

キーがV字型に配置され、首や肩に負担を掛けにくい、疲労対策におすすめのキーボードです。マウスが不要なタッチパッド付きで、クリックやカーソル移動、スクロール操作が可能。また、数字の入力に便利なテンキーも付いています。これに加えて、USBレシーバーをPCに接続するだけですぐに使える手軽さも魅力です。本体デザインは、手のひらをキーボードの上に置けるように、大きめサイズのリストレストが一体化した構造を採用。このほか、キーボードには深く押し心地のいいメンブレンタイプを採用しています。

【詳細情報】
サイズ:521×236×38mm
重量:844g

 


エルゴノミクスキーボードとしてはコンパクト!


ぺリックス PERIDUO-606 JP

キーが左右に分かれて配置された、分割型レイアウトを採用したことで、腕を自然な形に保ちながらタイピングができるキーボード。キーボード中央には、チルトスクロールホイールが搭載されており、手をキーボード上に置いたままパソコン画面を操作できるのが魅力です。また、エルゴノミクスキーボードとしてはコンパクトなサイズに仕上がっているのも特徴。さらに、キーボード裏面のパームレストの位置に、付属のスタンドを取り付けることができ、キーボードに角度を付けて、タイピング時に無理のない姿勢を保つことができます。

【詳細情報】
サイズ:351×227mm
重量(梱包):1.03kg

 


水をこぼしてしまっても安心の防滴仕様!


Kensington ケンジントン Pro Fit Ergo ワイヤレスキーボード

自然な手の角度に合わせたスプリットデザインと、手のひらの位置に沿うように傾斜を付けた形状のエルゴノミクスキーボード。タイピング時に自然な腕と手の位置を保てるため、快適に作業できます。また、キーボードにはクッション性の高いリストレストが装着されているので、腕への衝撃を抑えてくれます。さらに、本体は水をこぼしてしまっても安心の、防滴仕様。このほか、耳障りにならない静音キーボード仕様を採用しています。

【詳細情報】
サイズ:216×463×36mm
重量:1.06kg

 

目次に戻る