デジタル
デジタル周辺機器
2021/6/11 20:00

端末をしっかりガード!「iPhone 12」向け耐衝撃ケース5選

2020年秋発売の「iPhone 12」。ディスプレイには「セラミックシールド」という強化ガラスが使用され、従来のモデルより耐落下性能に優れていますが、それでも万が一の破損はやっぱり怖い! そこで今回は、落下時などの衝撃を吸収し和らげることができる、耐衝撃ケースのおすすめ5選をご紹介します。

 

目次

 


ケースを付けたままワイヤレス充電も可能!


Spigen iPhone 12 | 12 Pro(6.1インチ)ケース ウルトラハイブリッド

衝撃を吸収する側面のTPU素材と、背面の透明度が維持出来るハードなポリカーボネートを組み合わせたケース。本体の薄さを維持しつつ、カメラレンズもしっかり保護出来る高さに設計されています。両面とカメラレンズに段差を設置し、予期せぬダメージから守ります。また、落下時の衝撃をできる限り緩衝できるよう、四隅で衝撃を吸収する「エアクッションテクノロジー」を採用。本体機能でもある「ワイヤレス充電」も、ケースを装着したまま行えます。

【詳細情報】
重量:29g
カラー:クリスタルクリア・サンドベージュ・ネイビーブルー・マットブラック・レッド

 


画面だけでなく大切なレンズも傷から守る段差設計!


Humixx For iPhone 12 ケース 耐衝撃

サイドのTPU素材には、マットな滑り止め加工が施されているのでグリップ感がよく、落下防止にもなります。ケース表面には指紋付着防止ナノオイルコーティングを施しており、汚れや指紋が付きにくく、指紋の痕が嫌な方におすすめです。正面側の縁は液晶より1.5mm高いため、画面を下にして置いても液晶への傷を最小限に防ぐことができ、背面のレンズ部分は高低差のある設計でレンズより1.2mm高いので、大切なカメラレンズを傷から守ることができます。また、レンズ部分は大きくカットされ、夜間に撮影する場合もフラッシュの乱反射を防止します。

【詳細情報】
重量:35g

 


柔らかなゴム素材だから取扱いやすさ抜群!


McDuLL iPhone 12 360度保護 耐衝撃性ケース

握りやすさ、取り付けやすさ、取り外しやすさに優れた柔らかなゴム素材のケース。エッジの突起でカメラを保護し、両面には耐摩耗性がある9H強化ガラスを使用。高品質の柔らかいTPUと四隅のエアクッションで衝撃を吸収します。保護ケースを装着していてもワイヤレス充電が可能。ユーザーからは「ちょうど前面、背面のカバーが側面でピッタリ重なる感じなので、側面部分が二重になって落下時の衝撃を吸収できるほど、しっかりとしています。ボタン操作も問題がありません」という声も。

【詳細情報】
重量:47.3g
カラー:ブラック、グリーン、レッド、ブルー

 

落ち着いたカラーとハニカムパターンがおしゃれ


Caseology 耐衝撃 iPhone 12 ケース ハニカム パララックス

マット仕上げケースの背面にサラサラな立体ハニカムパターンを加えた人気のケースです。柔らかいTPUケースに、ポリカーボネート素材のバンパーをさらに重ねたハイブリッド構造で、スリムさと保護力を兼ね備えています。精密なカットでボタンやホールにズレなくフィット。また、ワイヤレス充電に対応しています。シンプルで落ち着いたカラーでありながら、オシャレなパターンでシーンを選ばず使えます。

【詳細情報】
梱包重量:120g
カラー:マットブラック・ミッドナイトグリーン・バーガンディ・ミッドナイトブルー

 


定期券やクレジットカードの収納スペース付き!


Spigen iPhone 12 | 12 Pro(6.1インチ)ケース スリムアーマーCS

ソフトなTPUとハードなポリカーボネート素材を組み合わせたケースです。四隅に施したエアクッションの加工で衝撃を吸収します。背面をスライドさせると、交通系電子マネーやクレジットカードなど、最大2枚まで収納できるのが特徴。ユーザーからは「前回使用していたスマホから使っていますが、後ろにカードポケットがついており、収納しているカードを使うことはほとんどないけれど、付いているととても便利です。このケースは大好きです」という声も。

【詳細情報】
重量:46g
カラー:ブラック、ローズゴールド

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON