デジタル
2016/10/21 6:00

写真で解説 ドコモ発表会レポート――冬春モデル全13機種公開&ドローンが始動へ

NTTドコモは10月19日、発表会を開催しました。今冬春に発売する新ラインナップ13機種に加え、ケータイ向け新料金プランや「dカード プリペイド」、などの新サービスが発表されています。

20161020_docomo (1)_R

 

冬春モデルは全13機種

今回発表された内容は盛りだくさんです。まずは端末から見ていきましょう。新ラインナップとして発表されたのは、スマホが7機種、ケータイ2機種、らくらくホン2機種、キッズケータイ1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計13機種です。

20161020_docomo (2)_R
↑合計13機種が発表された

 

20161020_docomo (3)_R
↑Xperia XZ SO-01Jは5軸手ブレ補正と3つのセンサーでカメラを強化

 

20161020_docomo (4)_R
↑Xperia X Compact SO-02JはXZと同等にカメラを強化しつつ、片手に収まるサイズ感

 

20161020_docomo (5)_R
↑arrows NX F-01Jはコンクリートに落としても割れないタフネス端末

 

20161020_docomo (6)_R
↑MONO MO-01Jはドコモのオリジナルブランドとして新登場

 

20161020_docomo (7)_R
↑AQUOS EVER SH-02Jはサラサラした手触りの背面が特徴的。指紋センサーも搭載

 

20161020_docomo (8)_R
↑V20 PRO L-01Jは2つのカメラレンズを搭載し、広角撮影に切り替え可能

 

20161020_docomo (9)_R
↑Disney Mobile on docomo DM-01Jは海をテーマにしている

 

20161020_docomo (10)_R
↑らくらくスマートフォン4 F-04Jは模型展示

 

20161020_docomo (11)_R
↑AQUOSケータイ SH-01JはLINEが使える。VoLTEにも対応

 

20161020_docomo (12)_R
↑P-smart ケータイ P-01JもLINEが使える。VoLTE対応

 

20161020_docomo (13)_R
↑らくらくホン F-02Jはボタンが大きくて操作しやすい。口語調のメニュー表示もわかりやすい

 

20161020_docomo (14)_R
↑キッズケータイ F-03Jは模型展示。帰宅を親に知らせる連携機能も

 

20161020_docomo (15)_R
↑Wi-Fi STATION N-01Jは3.5GHz帯を加えた5つの周波数に対応

 

このうち、高効率なデジタル変調方式「256QAM」に対応した機種が3つ。モバイルWi-Fiルーターはさらに4×4 MIMOをサポートし、受信時最大500Mbps越えを実現しています。

20161020_docomo (16)_R
↑Xperia XZとV20 PROが256QAMをサポート、最大500Mbpsに対応する。Wi-Fi STATIONは加えて4×4MIMOをサポートし、最大682Mbpsに対応

 

20161020_docomo (17)_R
↑LTE対応ケータイの発売に併せて新料金プランも登場。10月21日から提供される

 

dマガジン」には法人プランが登場

続いて、サービスについて。電子雑誌読み放題サービスとしておなじみの「dマガジン」には、法人向けサービス「dマガジン for Biz」が加わります。美容院やカフェ、病院などの法人が対象。店側が用意する必要があるのは、Wi-Fi環境のみ。月額5000円~で契約できます。来店客は店のWi-Fiに接続している間、自分のスマホなどを使って無料でサービスを利用できるようになります。

20161020_docomo (18)_R
↑提供開始は12月上旬から

 

dカードのラインナップにプリペイドカードが追加へ

また、dカードのラインナップも増えます。全国のiD加盟店と国内外のMastercard加盟店で支払いに利用できるプリペイドカード「dカード プリペイド」が11月下旬から提供開始に。

20161020_docomo (19)_R
↑CMでおなじみ、ポインコ兄弟も登場

 

耳の聞こえづらい人も電話ができるサービス

さらにトライアルとしては、通話相手の発話内容が瞬時にテキスト化される「みえる電話」も発表。クレジットカードの紛失時など、日常のトラブルでどうしても電話が必要な場面があります。そんな際に耳の聞こえづらい人の助けになることが想定されるサービスです。

20161020_docomo (20)_R
↑「みえる電話」はトライアル中。10月19日よりモニターを募集している

 

 

ドコモ・ドローンプロジェクトが始動へ

ドローンを使ったサービスへの本格参入も明かされました。携帯電話ネットワークを活用したセルラードローンは、遠隔でドローンを操作したり、その位置やカメラの映像を確認できます。ただし、実際には法整備も必要となるで、実用化にはまだ時間がかかるでしょう。

20161020_docomo (21)_R
↑ドローンを使った宅配サービスを試みるMIKAWAYA21などと協力し、11月に実証実験を開始する

 

 

20161020_docomo (22)_R
↑会場にはドローン4機も展示されており、いつもとはどことなく雰囲気が違った

 

 

ゲストの高畑充希さんはモノトーンコーデで登壇

ゲストには高畑充希さんが登壇しました。お気に入りの機種としては、ドコモオリジナルブランドの「MONO」をチョイス。白い端末が映える黒いドレスを着て、端末の紹介に徹しました。

20161020_docomo (23)_R
↑ゲストの高畑充希さん。普段は古着を良く着るらしい

 

20161020_docomo (24)_R
↑ちなみにポインコ兄弟とは初共演。お腹はウォーターベッドみたいな感触とのこと

 

ジャンルも多岐にわたり、非常に盛りだくさんな印象の発表会でしたが、256QAM対応からドローン事業参入まで、随所に「5G」が意識されていたように感じました。なお、今回発表された注目端末の詳細についてはこちら(https://getnavi.jp/digital/77768/)へ。