エンタメ
ドラマ
2017/1/15 18:00

『A LIFE~愛しき人~』でキムタク神話復活なるか? 松ケン、及川ミッチーが盛り上げた試写会レポート

木村拓哉が外科医に挑む、ヒューマンラブストーリー『A LIFE~愛しき人~』(TBS系 毎週(日)後9・00)が1月15日からスタート。愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く中、 木村演じる職人外科医が決して諦めることなく、 不器用ながら一途に患者と向き合う生き様を描いていく。

 

放送に先駆けて行われたプレミアム試写会には、木村をはじめ、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信の豪華キャストが劇中の衣装で登場。

20170115-s2 (2)

テレビドラマ史上初となる日本医師会館で実施された本イベント。木村は「医療関係者の皆さまと一緒に僕らも2階で第1話を観させていただいていました。自分たちも初めて繋がった作品を拝見したのですが、方向性や、やってきたことが間違いではなかったと確認できました。最後まで逃げずにやり抜きたいと思います」とあいさつ。「日本全国の現場で働いているドクターのみなさんに、ここにいるキャストは全員尊敬の意を抱いて撮影しています。自分たちに出来るかぎりの表現をしていけたらと思っています。どうぞみなさん最後まで見届けてください」とメッセージを送った。

 

「は~い!おもしろかったですね!」とミッチー節全開の及川。「劇中ではたっくん(木村)演じる沖田先生とぶつかりあったり、対立も深まっていくかなぁという展開なんですけど、実際の撮影現場ではたっくんと仲良くしていただいてます」と、及川のたっくん呼びに木村は照れ笑い。「先日も驚いたことに、僕の大好きなスターウォーズとガンダムの話でたっくんと盛り上がって…本当にありがとう、嬉しかったです!まったく大人気ない年長者及川光博です」と貴重な撮影現場でのエピソードを明かした。

20170115-s2 (3)

また、松山は「僕が小さい頃から観てきた憧れの木村さんと、この仕事を始めて映画の勉強をしているときから今でも憧れている浅野さん、お二人が同じ作品に出ることは僕の中で大事件!」と大興奮。撮影中は共演者にインタビューを敢行しているそうで「木村さんは1を聞いたらプラスアルファ10で返してくださるので、僕はいつもニコニコしているんですよね。仕事なんですけども得した気分」と笑みを浮かべた。

20170115-s2 (4)

さらに、MCの提案により、松山はステージ上でもインタビューを開始。木村に「お前、出てる人だから!(笑)」とツッコまれながらも沖田一光(木村)と壇上壮大(浅野)が対峙する第1話の印象的なシーンを挙げ、「あの時はどういう心境だったんですか?」と質問。病院を追われた身の沖田と大病院の副院長という座にある壇上を「自分(沖田)は雑草で、壮大は花」と木村が答えると、松山は「すっごいわかりました。雑草というのがあの(沖田の)表情にバチッとハマりました」と木村の役に対する解釈に感心した様子。その後は浅野にも表情の作り方について尋ねた松山は、「やっぱり(2人の中を)のぞきたくなる。大好きなんですよね!」と、喜びに満ちた笑顔をみせた。

 

豪華キャストで送る『A LIFE~愛しき人~』はTBS系にて1月15日(日)後9・00からスタート。

 

番組公式HP:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/

TAG
SHARE ON