エンタメ
音楽
2017/2/17 16:20

くるり・岸田 繁のつぶやきで「日本の音楽構造の一部」が明らかに! ピコ太郎の世界的ブレイクは予想されていた?

動画共有サービス「YouTube」の普及によって、音楽の聴き方と届け方に変化がみられる昨今。ピコ太郎の「PPAP」が世界的に広まったのは、「YouTube」があったからともいえるだろう。音楽プロモーションの形態が変化を続ける現在、一人のミュージシャンのツイートによって、日本のメジャー・インディーズのMV事情が明らかになった。

※画像はイメージです

 

キッカケはくるり・岸田 繁のツイートから

ロックバンド「くるり」の岸田 繁は2月13日、Twitterで新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」のMVを紹介するツイートを投稿。そのツイートには「このMVを世界中の人に観て聴いてほしい」といった英語が書かれ、MVの歌詞も英語字幕付き。海外のシーンをかなり意識した宣伝だった。

 

しかし、岸田のツイートに海外から「レコード会社にアメリカでも観れるように頼んでくれよ!」といったリプライが送られてきてしまう。どうやら、くるりのMVは“地域ブロック”がかけられていて、海外からは見られないようなのだ。

 

この事実を知った岸田は「海外の人にも観せたいから、英語のリリックビデオ作ろう、てな感じで作っていただいたのに、海外でロック掛かってて観られへんてどういう失態ですか。スタッフはチェックもしないのか…。じゃあ作りましょうとか言うなよ…」と怒りと失望を露わにした。

 

ミュージシャンも知らなかったライセンス問題

この岸田の一連のつぶやきが拡散され話題になると、アーティストで音楽プロデューサーである「ゲントウキ」の田中 潤も反応。岸田のツイートを引用して「これ、実はけっこう多くの人が知らないです。日本のメジャー、大手インディー(ほとんどです)のMVが海外から見ることができないのです。マスタリングスタジオでマスタリングされた時点で、REDというプログラムにはじかれる手続きがされます」とつぶやいた。

 

「RED」というのは、2015年10月に北米で開始された「YouTube」の有料定額サービス「YouTube RED」のこと。ユーザーにとっては、月額量を支払うと広告なしで動画が楽しめるサービス。しかし、コンテンツ制作者側が「YouTube Red」の契約を拒否すると、ビデオが非公開に設定され視聴してもらえなくなるという問題がある。

 

そのため、「YouTube Red」が開始された当初「AKB48の動画が海外で見られなくなった」と話題になるなど、公開・非公開のぜひをめぐっては賛否の声が上がっていた。同サービスが開始された当時「YouTube」の広報は「99%のコンテンツをこれまで通り観ることができる」と主張していたのだが、邦楽チャンネルの大半がブロックされており、検索してもヒットせずに閲覧できないという状況が続いているようだ。

 

そして今回、「くるり」のMVも海外で見られないことが判明すると、Twitter上では「この構造は知らなかった。日本のミュージシャンは世界に向けて発信できないのか」「せめて関係者が『オープンにしたい』って言ったらオープンに出来るような、柔軟な作りになって欲しいところ」「レコード会社は権利を著作者に返還すべき。プロモーションする気が無いのだったら、本人に動いてもらうのが一番だろ」といった声が続出。岸田も「ツアー初日やのにもう5時半で、悔しくて寝られへん。気持ちを踏みにじられることの辛さたるや…」と、正直な気持ちを語った。

 

じゃあ「PPAP」はなんで広まったの?

現在「YouTube」上で1億1000万回以上再生され、世界中でブームを巻き起こしたピコ太郎の「PPAP」。日本発の動画なのに、世界中で再生された理由は所属事務所にあったようだ。「ゲントウキ」の田中は、上述の「これ、実は…」のつぶやきの後、「唯一、avexだけ例外です」と語っていることから、ピコ太郎が所属するavexはライセンスの問題をクリアしていたことが予想できる。

 

「YouTube」のライセンスをクリアしたピコ太郎が「YouTube」を使って世界的にブレイクした現在。ネットから「日本の音楽も世界に出せばいいのに」という声が上がるのも当然かもしれない。そういった意味でピコ太郎のブレイクは、日本の音楽シーンを変えるロールモデルになるかもしれない。

TAG
SHARE ON