エンタメ
ドラマ
2017/5/4 14:00

「こんなにも正しくドラマ化してくれるなんて……」フジの月9「貴族探偵」が原作ファンから絶賛の模様

4月17日から放送が開始された連続ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)。同作は麻耶雄嵩の同名小説を原作としているのだが、原作ファンからドラマに対して「原作厨としては昇天するしかございません!」といった声が上がっている。

出典画像:PhotoAtelier / Professor DR Schreiber at the Crime Scene (from Flickr, CC BY 2.0) 画像はイメージです。
出典画像:PhotoAtelier / Professor DR Schreiber at the Crime Scene (from Flickr, CC BY 2.0) 画像はイメージです

 

一部からは批判の声も原作ファンからは絶賛の嵐!

「貴族探偵」は、前代未聞の“主人公が推理せずに謎を解く”ミステリードラマ。年齢、学歴、住所、本名までも不明な主人公・貴族探偵を嵐の相葉雅紀が演じ、ほかにも武井咲や生瀬勝久、中山美穂、松重豊など豪華キャストが脇を固める。

 

17日に放送された第1話は、視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得するなど好スタートを切ったのだが、視聴者からは「15分すぎようとしてるのに相葉くん出ない」「相葉くん主演なのに出番少なーい…」「相葉くんの出番の少なさ、なんだこれ!」といった怒りの声が相次いでいた。

 

しかし、原作ファンからは「少し寂しいけども相葉さんの出番が少なくてこその貴族探偵。原作に誠実なドラマだ」「推理の構造はかなり組み替えられてるのに麻耶だ。快感絶頂」「こんなにも正しく貴族探偵をドラマ化してくれるなんて…」「麻耶雄嵩原作のドラマ化として完璧すぎる」といった声が。どうやら、原作に忠実で誠実なドラマの作りが絶賛されているようだ。

 

放送前から期待の高かった「貴族探偵」

フジテレビ月9枠誕生30周年を記念して制作された「貴族探偵」。同作は、脚本を黒岩 勉が務めるということで放送前から「脚本黒岩 勉なの~!? 見ないとじゃん」「貴族探偵って『謎ディ』の脚本の人なの? やだ絶対見る!」「相葉ちゃんの貴族探偵、早く見たいなあ! 黒岩 勉さんの脚本大好きなんだよ」といった声が上がっていた。

 

黒岩は、これまでにドラマ「LIAR GAME Season 2」「謎解きはディナーのあとで」「ストロベリーナイト」(すべてフジテレビ系)といった作品の脚本を担当し、「あの『謎解きはディナーのあとで』をよくぞここまで… プロの脚本家はすごいと黒岩さんに感心」「原作のテーマや雰囲気をテレビドラマ用に落とし込んで、さらに魅力的に味付けするのに長けた方」と絶賛を受けてきた人物。また、テレビドラマだけでなくアニメ映画「ONE PIECE FILM GOLD」でも脚本を手掛けていた。

 

なお、この「ONE PIECE FILM GOLD」に対しては、「ONE PIECEフィルムの中で一番面白かった!」「映画としてなら一番の出来。究極のエンターテイメント作品だ!」「ONE PIECEの映画は今まで全て観てきましたがやはりGOLDが一番面白い」といったレビューが並ぶなど、劇場版ワンピースの最高傑作と名高い作品。視聴率不振が続いていた月9枠だが、「貴族探偵」はブランド復活の足掛かりになれるか注目だ。

TAG
SHARE ON