エンタメ
2017/5/12 11:30

「これは画期的なアイデア!」芸能事務所が余ったアイドルCDを回収するシステムを導入し称賛の声

アイドルファンの中には、握手会参加などのために同じCDをいくつも購入する者がいる。ただ、チケットを手に入れた後、用済みとなったCDについては「どう処分すればいいんだ」「CD大量に捨てるのは気が引ける」といった声も多い。そんな中、ある芸能事務所が余ったCDを回収してグッズと交換するという画期的なシステムを導入し、話題となっている。

出典画像:「ライブプロ」公式サイトより。
出典画像:「ライブプロ」公式サイトより

 

CD回収企画に「無駄がない!」と大反響

CD回収のシステムを実施しているのは、北海道にある芸能事務所「ライブプロ」。北海道を中心に活動する「フルーティー」「2代目HAPPY少女♪」といったアイドルグループが所属し、精力的にイベントを開催している。

 

そんなライブプロの代表が、5月9日に自身のブログで「新品CDの回収について。」という記事をアップ。「ファンの皆さんの中にはもしかしたら『同じCDを何枚もいらない』と、ただ特典会に参加するために、CDを購入している方もいるのではないでしょうか?」と問いかけ、CDショップのイベントで新品のCDとグッズの“交換企画”を開催すると発表した。企画は5月9日のイベントから行われており、同日に交換されたグッズはアイドルグループの最新ポスターだったようだ。

 

このアイデアには「画期的すぎる!」「回収してまた売るんでしょ? 天才だね」「持っててもしょうがないからな。ポスターももらえるし、CDも処分できるし、無駄がない」「素晴らしい商才」といった声が上がっている。

 

CDを無駄にしない早稲田大学生のアイデア

アイドルのCDを有効活用しているのは芸能事務所だけではない。2015年11月に早稲田大学で行われた学祭では、アイドルの研究サークルが自分たちで購入して不要になったCDを大量に無料配布。同じジャケットのCDが山のように積み上げられたり、段ボールいっぱいに詰め込まれた様子がTwitterで話題になった。

 

実際に手に入れた人からは「タダで貰えるなんて最高。早稲田の人頭いいね」と称賛の声が上がり、この情報を知った人からは「何種類もある。貰いに行きたい!」「これは天国じゃないですか」と羨望の声が。

 

また早稲田の音楽レーベルサークル「ワセレコ」は、2012年にTwitterで「回収したCDを用いて早稲田祭でオブジェを制作し展示する予定」と告知し、AKB48のCD回収を呼びかけた。余ったCDの使い道に困っている人は多かったようで「郵送でもいいですか!?」「面白い企画! いっぱいあるからCD使ってほしい」と賛同する人が相次ぐことに。アイドルファンにとっても、こういった有意義な企画のために回収してもらえれば本望なのだろう。

TAG
SHARE ON