エンタメ
アニメ
2017/5/23 11:20

「クレヨンしんちゃん」のカミングアウト回に「その気持ちわかるぞ」の声! アニメファンから共感を得た風間くんの悩みとは?

毎週金曜日の19時30分から放送されているアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)。5月19日に放送された回が「風間くん、その気持ちわかるぞ!」と反響を呼んでいる。

出典画像:テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより。
出典画像:テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより

 

しんちゃんや風間くんが告白した秘密とは?

「カミングアウト大会だゾ」の回では、しんちゃん、風間くん、マサオくん、ネネちゃん、ボーちゃんといったいつもの仲良し5人組が、ネネちゃんの提案で「ずっと秘密にしていたことを告白し合う」といった内容が放送された。

 

マサオくんの告白は「シールをなくしてみんな探してくれたけど実は家にあった」というもの。風間くんは「みんながうちに来たときに出したベルギーのチョコレートが、実はスーパーのつかみ取りでお母さんが買ってきたチョコだった」とカミングアウト。

 

その後、ボーちゃんは「実は双子」「鼻水がエクステ」といった小ボケを挟んだあと、「昨日河原で拾ったと言ったピカピカの石は、実は幼稚園で拾ったものだった」と告白。このカミングアウトは他の4人から「しょーもない」とツッコミを受けることに。

 

そして、しんちゃんは「今日はお尻のキレがないと思ったら、パンツを裏返しに履いていた」と告白。ネネちゃんは「長編リアルおままごとの台本がお母さんに捨てられてしまった」と明かす。ネネちゃんは「みんなが楽しみにしてたのにごめんなさい」と謝るものの、他の4人は「リアルおままごとやらなくていいんだ!」と大喜びするのであった。

 

この放送を見た人たちからは「しんちゃん見てるんだけど、誰かカミングアウト大会やらない!?」「強制カミングアウト、学校や会社で流行りそう」「しんちゃんのカミングアウト回ウケた。ぼーちゃんかわいかった」「ぼーちゃんの双子カミングアウト本気で驚いたわ。嘘で良かった」といった声が。

 

そして、この放送で注目を集めたのは風間くんだった。風間くんはチョコのことについて告白する前に「美少女アニメ『ま・ほー少女もえP』のファン」であることをバラすか迷っていた。この姿を見た人たちは「風間くんの美少女アニメヲタを告白できない気持ちすごーくわかる」「掘り返さないと言われても言えないことあるよな風間君!」といった声が上がっている。

 

アニメファンはカミングアウトしにくい?

映画「君の名は。」の興行収入が240億円を突破するなど、身近になったように思えるアニメだが、自分がアニメファンだとカミングアウトできない人も少なくないようだ。2015年に「マイナビ」が社会人男女を対象に「付き合うまで恋人に秘密にしていたことはありますか?」というアンケートによると、「オタクである」ことを告白できなかったという人も多く、その理由を「ひかれると思っていたので」「あまり良い印象を持たれない趣味なので」と上げていた。

 

この「オタクをバラすか否か」という問題は度々ネットで話題となり、「オタクを迫害する人は結構年いった大人が多い印象だからTPOによって変える」「オタク趣味がライトになってひかれにくくなったけど、否定するやつは減ってない気がするから無し」「バラしても大丈夫だと断言できる環境でのみ主張すべき」といった声が上がっている。