エンタメ
アニメ
2017/5/24 20:40

『けものフレンズ』とコラボした東武動物公園のTwitterが大人気! 嫁に逃げられて二次元に恋したペンギンとは?

4月22日から始まったアニメ「けものフレンズ」と東武動物公園のコラボ。アニメ終了から2か月程経過しているのだが勢いはまったく衰えず大盛況で、東武動物公園の公式Twitterも大人気を博している。

出典画像:東武動物公園【公式】リュウくんTwitterより

 

アニメに恋したペンギン・グレープ君

現在の東武動物公園では、「けものフレンズ」に登場するアニマルガールのパネル(約60cm)が、それぞれモチーフとなっている動物の展示場周辺に設置中。東武動物公園の公式Twitterが投稿した動物とアニマルガールが並んだ画像はどれも好評で、数百から数千ほどのリツイートと「いいね」がついている。

 

そのなかでも特に反響が大きかったのが、ペンギンがアニマルガール(フンボルトペンギンのフルル)のパネルを呆然と見つめている写真。東武動物公園にいるペンギンの中には、何故かずっとフルルのパネルを見つめる個体がいるらしく、「フルル見つめているペンギンかわいいな」「ペンギンにも“萌え”が芽生えるのか」「お前らみたいなペンギンがいるぞ」とネット上で話題に。そして、そのペンギンをモチーフにしたソフトクリームまで発売されるほどの人気者になった。

 

そのペンギンの名前はグレープ君。20歳(人間に換算すると約80歳)の高齢ペンギンで、性格は非常に甘えん坊なのだそう。フルルのパネル設置以来、やたらとフルルのパネルの前まで行くようになったらしく、一般ユーザーもSNSなどでその様子を投稿している。あるTwitterユーザーは「東武動物園のグレープ君がどーしても気になるので見に来たが、ほんとにずっとフルルを見てるし、ずっと鳴いてるし、一切この場所から動かない。なんだか切ない。それは絵だって教えてあげたい」と綴り、グレープ君がフルルを見上げている画像をアップしていた。

 

フルルの声優が明かしたグレープ君の過去

5月20日にはフルルの声優・築田行子が東武動物公園でトークショーを行い、グレープ君を抱っこしてのツーショット写真も撮っていた。築田のブログによると、グレープ君にはみどりという奥さんがいて、2羽の間には子どももいたとのこと。しかし、みどりは他の若いオスペンギンに乗り換えてしまい、そこからグレープ君は1人ポツンと過ごすことが多くなったのだそう。そんな日々が約7年間も続いたころにやってきたのがフルルのパネル。グレープ君はパネル設置以降、フルルに寄り添うようになったという。

 

この悲しい過去には「一層グレープ君のファンになりました」「三次元に裏切られて二次元に走るとかまさにオタクそのものだな…」「嫁に逃げられて二次元に走った高齢者とか、ちょっとしたドキュメント撮れそう」と驚きの声が上がり、ますますグレープ君人気はあがっている。

 

Twitterのフォロワー数は倍増!

東武動物公園のTwitterでは、動物情報のほかにもグッズ販売の行列に並ぶ成人男性、「ニコ生配信」情報などについても投稿しているのだが、毎日新聞の報道によると「けものフレンズ」とのコラボ以降、Twitterのフォロワー数は約6000人から1万1000人超えまで増えたそう。コラボは6月25日まで行われるので、この先どんなイベントが行われるのか気になる人はTwitterをフォローしてみよう。