エンタメ
アニメ
2017/6/7 18:00

「ラブライブ! サンシャイン!!」の聖地・沼津を巡るバスツアー開催! “長井崎中学校の車窓観光”がシュールすぎると話題に

2017年秋にアニメ第2期の放送を予定している「ラブライブ! サンシャイン!!」。そしてこの度は、同作の聖地・沼津を巡る日帰りバスツアーが開催されることになり、ネット上では「参加したい!」「車窓観光がシュール過ぎる」と話題になっている。

出典画像:「伊豆箱根バス」公式サイトより。
出典画像:「伊豆箱根バス」公式サイトより

 

「ラブライブ! サンシャイン!!」尽くしのバスツアー開催!

今回の聖地巡礼バスツアーは、伊豆箱根バスの企画によって実現。ツアーでは「ラブライブ! サンシャイン!!」のラッピング鉄道やラッピングバスに乗れたり、PVに登場する「やまや」での食事、シングル曲の舞台になった「伊豆・三津シーパラダイス」の観光が体験できる。ほかにも、登場人物が通う舞台のモデルになった「長井崎中学校」の車窓観光や「沼津駅」周辺の自由散策など、「ラブライブ! サンシャイン!!」尽くしの一日が過ごせるファン大満足のツアー内容だ。

 

このツアー情報がファンの間で拡散されると、「バスツアー予約しました~!」「誰かサンシャインのバスツアー行こうぜ」「いよいよバスツアーまでやるのか。切実に行きたい」「バスツアー申し込んだ! 到着が渋谷駅という俺得仕様」といった声が続出。

 

また、「『長井崎中学校』の車窓観光」というフレーズに引っ掛かる人も多く、「中学校をアニメファンたちがバスから見つめるという凄い光景になりそう」「車窓観光のシーンをイメージしたらシュールすぎてワロタ」「車窓観光とか草。中学校をアニメファンがジロジロ見つめるって結構なホラーだよな」といった声が上がっている。

 

聖地巡礼が生み出す経済効果は?

アニメの聖地巡礼として有名なのが、「ガールズ&パンツァー」の舞台となった茨城の大洗。聖地巡礼に訪れる観光客が世界中から急増したため、大洗鹿島線を運行する鹿島臨海鉄道の経常利益は2期ぶりの黒字に。また、大洗町への「ふるさと納税」は2015年に2億円を突破する事態になっていた。

 

「ラブライブ! サンシャイン!!」は、第1期アニメ放送前に公開されたPVが反響を呼び、伊豆箱根鉄道が販売した「駿豆線+バス+伊豆・三津シーパラダイス」のセット券が前年比205%を記録するなど、こちらも経済効果を生み出して町おこしに一役買っている。

 

しかし、聖地を訪れる一部のファンがマナー違反を犯して聖地周辺が“コスプレ禁止”や“写真撮影禁止”になるなど、問題が起こることもしばしば。「ラブライブ! サンシャイン!!」も公式サイトに「沼津市内観光に関するお願い」といったタイトルで「現地を訪問される際は、学校、お店、また近隣住民の皆様へのご迷惑とならないよう、ご注意下さい」と呼びかけている。今回のバスツアーも、聖地に迷惑がかからないように行われることを願いたい。