エンタメ
2017/6/13 20:00

「おっさんホイホイすぎる」と話題のポケモン脱出ゲームが開催! 長年のファンが興奮するそのワケとは?

今年7月には映画の公開も控えるなど、「ポケモンGO」ブームからまだまだ勢いを保ち続けている「ポケットモンスター」シリーズ。「サン・ムーン」の発売で新たなファン層も広げつつあるようだが、昔からポケモンを愛し続けてきた大人たちも大興奮のイベントが開催されることが決定した。

出典画像:「ホウオウの試練からの脱出」公式サイトより。
出典画像:「ホウオウの試練からの脱出」公式サイトより

 

大人も楽しめる要素満載のポケモン脱出ゲーム

7月13日の東京・下北沢での開催を皮切りに、北海道から福岡まで全国8会場で開催されるのは、ポケモンのリアル脱出ゲーム「ホウオウの試練からの脱出」。現在のゲーム最新作となる「サン・ムーン」では、伝説のポケモンとして「ソルガレオ」「ルナアーラ」が登場するが、今回の脱出ゲームのメインは1999年に発売された「金・銀」で登場した「ホウオウ」だ。これだけでも大人たちの興味をそそる設定だが、ゲームのシステムも大きな話題になっている。

 

まず、本格的に謎解きを楽しめる「博士コース」、小・中学生向けの「トレーナーコース」と2種類のコースが用意されており、「せっかくだから博士コース行くしかないよね」「大人用がちゃんとあるのがいいね」と大好評。

 

さらに大人たちの胸を熱くしているのが、ゲームの遊び方だ。受付が終了すると、プレイヤーは最初のポケモンを選ぶことができる。この最初のポケモンというのが、なんと「ヒトカゲ」「ゼニガメ」「フシギダネ」の“初代御三家”。これには「赤・青・緑」バージョンしか知らない世代からも「緑しかやってないからホウオウのことはわからないけどこの御三家ならいける!」「初代だけやってる私でも気になるなー」と興味をひかれているよう。

 

最近のポケモンはおっさん狙い!?

7月公開の映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の予告編も、ピカチュウとサトシの出会いが初めから描かれるなど「これアニメ版1話からのリメイクか? めっちゃ気になる!」「ホウオウをサトシ、ピカチュウが見上げてる構図が完全にアニメ1話だよね。超楽しみ」と古くからのファンの間で話題に。

 

さらに、今年9月には「金・銀」がニンテンドー3DSバーチャルコンソールにて配信されることが決定。「完全におっさんホイホイですわ…」「青春が蘇ってくる!」「最近のポケモンは大人を狙い撃ちにしてるな」と評判を呼んでいる。

 

金銀が発売された当初小学生だったプレイヤーも、いまでは20代中盤から30歳だ。6月には「イーブイ」と「イーブイの進化形ポケモン」の等身大ぬいぐるみ全9種類が受注生産で予約開始。全種類集めようと思うと17万6040円かかってしまうという衝撃の価格だが、これも大人ファン向けのマーケティングなのだろうか。