エンタメ
アニメ
2017/6/16 15:00

「フリーザは視聴率男だったか!」アニメ『ドラゴンボール超』の視聴率がついに『ONE PIECE』を超えた!

毎週日曜日の朝9時~10時にかけて放送されているアニメ『ドラゴンボール超』と『ONE PIECE』(ともにフジテレビ系)。6月11日に放送された回では、『ドラゴンボール超』の視聴率が『ONE PIECE』を追い抜き、「フリーザは視聴率男だったか!」と話題になっている。

出典画像:『ドラゴンボール超』東映アニメーション公式サイトより。
出典画像:『ドラゴンボール超』東映アニメーション公式サイトより

 

『ドラゴンボール超』が『ONE PIECE』超えを果たす!

現在、存亡をかけた宇宙同士の戦いに備え、10人のメンバー集めを行っている『ドラゴンボール超』では、フリーザを仲間に加えようと孫悟空が躍起になっている。6月11日に放送された第94話は、地獄にいるフリーザがついに地球へ降り立ってゴールデンフリーザに変身するなど、“神回”だったと話題に。平均視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得した。

 

そんなアツい展開を繰り広げる『ドラゴンボール超』の後に放送されたのは、『ONE PIECE』第792話「マムの刺客 ルフィと誘惑の森!」。ルフィたちがホールケーキアイランドへ上陸するものの、シャーロット家の8女、シャーロット・ブリュレによって森に閉じ込められてしまうストーリーが放送され、平均視聴率は5.8%だった。

 

実は、『ONE PIECE』の視聴率は毎回といっていいほど『ドラゴンボール超』を上回っており、5月21日には『ドラゴンボール超』5.4%、『ONE PIECE』7.6%と大きな差がついたことも。しかし、先週の6月4日放送回は『ドラゴンボール超』が5.6%、『ONE PIECE』が6.2%となり、わずか0.6%差まで肉薄。そして今週、ついに追い越す結果になったのだ。

 

この一報がネットで拡散されると、「すげえなドラゴンボール!」「ドラゴンボールはカードもめちゃくちゃ売れてるんだよな。まじで今のドラゴンボール人気は凄い」「子どもが観ても大人が観ても楽しめるドラゴンボールってやっぱ神だわ」といった声が続出。また、「フリーザが出てきたから当然だね!」「フリーザ出てきて超面白いし納得」「フリーザ様出るだけで視聴率アップキターー!」といった声も上がっている。

 

久々に『プリキュア』も登場して大盛り上がり!

今回の視聴率ランキングで話題になったのは、『ONE PIECE』と『ドラゴンボール超』だけではない。5月7日の放送回以来、久しぶりにランキング入りを果たした『キラキラ☆プリキュアアラモード』(テレビ朝日系)にも注目が集まっている。

 

『キラキラ☆プリキュアアラモード』は、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』(ともにフジテレビ系)、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』(ともにテレビ朝日系)などの国民的作品と共にトップ10に登場。『ポケットモンスターサン&ムーン』(テレビ東京系)とも0.1%差だったなど、3.6%で9位にランクインした。

 

この結果に、「プリキュアまさかのランク入りw」「プリキュアがポケモンと並ぶ国民的作品だと証明された」「プリキュアは社会の清涼剤だからな」といった声が上がっている。

 

また、「プリキュアのランクインは水瀬いのりのおかげかな?」との声も。6月11日放送回から登場した新キャラクター“キラ星シエル”の声は大人気声優・水瀬いのりが務めており、視聴率アップに水瀬が貢献した可能性が十分に考えられるだろう。

 

毎週日曜の朝はテレビをつけて、キラ星シエルとフリーザの活躍に注目してみてはいかがだろうか?