エンタメ
2017/8/9 18:00

「USJ」を越えた公園、京都の動物園、富士山2合目の遊園地ーー大型連休に行きたい地方のテーマパークまとめ

7月29日から31日にかけて限定オープンした大分県の「湯~園地」が大盛況のまま閉園を迎えた。同園のように、いま地方のテーマパークが盛り上がりをみせている。そこで本稿では、夏休みが始まり、お盆休みを間近に控えた8月に行きたい地方のテーマパークをご紹介しよう。

出典画像:Bernard Spragg. NZ / Windows of the World.Shenzhen (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです。
出典画像:Bernard Spragg. NZ / Windows of the World.Shenzhen (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです

 

「USJ」を超えた「ふなばしアンデルセン公園」

出典画像:「ふなばしアンデルセン公園」公式サイトより。
出典画像:「ふなばしアンデルセン公園」公式サイトより

 

まず紹介するのは、千葉県にある「ふなばしアンデルセン公園」。この公園は、なんと「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」よりも人気があるとされている。というのも、2015年に世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」の“日本のアミューズメントパークTOP10”で3位を獲得したから。同ランキングで「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は4位。1位が「東京ディズニーランド」、2位が「東京ディズニーシー」であることを考えると、「ふなばしアンデルセン公園」は日本を代表するテーマパークであるといえる。

 

同園のウリは、東京ドーム6個分の広大な敷地のなかにある様々なアクティビティ。100種類以上の遊具に加え、BBQ場やボート乗り場もあり、「ディズニーランド混んでたらアンデルセン公園行けば良いと思うよ」「歩いてるだけで気持ちいいからおススメ!」「水遊びしたりアスレチックしたり手漕ぎボートしたり、とても楽しかった」と連日賑わいを見せているようだ。

 

次にブームとなるのは京都にある動物園?

出典画像:「京都市動物園」公式サイトより。
出典画像:「京都市動物園」公式サイトより

 

次に紹介するのは動物園。東京「上野動物園」や北海道「旭山動物園」がまず思いつくかもしれないが、現在は「京都市動物園」の人気が急上昇中。その理由は2015年にリニューアルを行って、動物との距離を縮めた展示スタイルに変更したことや、オシャレな図書館カフェ、ビュッフェレストランがオープンしたからといわれている。

 

実際に訪れた人は「京都市動物園めっちゃ楽しかったから、ほんとみんな行って!」「新しくなってからマジで楽しいとこ多くなったなぁ」「京都でいちばんイケてるのは京都市動物園」「食事中のトラ見た! 牙がスゴくて肉を骨ごとバリバリ食べてて大迫力だった」と大絶賛。現在は、生まれたばかりのブラジルバクの赤ちゃんとマンドリルの赤ちゃんを見ることができるのもおすすめポイント。

 

富士山近くの遊園地といえば「ぐりんぱ」

出典画像:「ぐりんぱ」公式サイトより。
出典画像:「ぐりんぱ」公式サイトより

 

「富士山」+「テーマパーク」といえば「富士急ハイランド」を思い浮かべる人がほとんどかもしれないが、富士山2合目には「ぐりんぱ」というテーマパークがある。同園は、乳幼児から小学校低学年をメインターゲットにした遊園地。7月29日には忍者アスレチック「~忍術道場~ 忍びの掟」がオープンして「おー。これは面白そう!」「筋肉痛になるほど楽しんでしまった」と話題になった。

 

また、「ぐりんぱ」の隣には「キャンピカ富士ぐりんぱ」というオートキャンプ場があり、遊園地を楽しんだ後は、キャンプで宿泊も楽しめる。富士山2合目ということで夏場も涼しくて過ごしやすいため、快適に過ごせるのも人気の理由のようだ。

TAG
SHARE ON