エンタメ
2017/8/11 18:00

本編より気合いを入れて作ってる?「ドラクエXI」のリアルすぎるスロットが「マジでやめられない」と話題に

7月29日に発売され、2日間でダブルミリオンを達成したPS4・ニンテンドー3DS向けソフト「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(以下:ドラクエXI)。同作のカジノでプレイできるスロットが、「現実に似すぎててヤバイ」「クルクル回って当たり。キラキラ&ファンファーレでもう脳汁ドバドバよ」と話題になっている。

出典画像:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」公式サイトより。
出典画像:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」公式サイトより

 

「ドラクエXI」のスロットにハマる人が続出!

発売からおよそ10日間で販売本数300万本を達成した「ドラクエXI」。PS4版は、バトルシーンや風景などで“大迫力のグラフィックを楽しめる”と謳っていて、そのリアルさはカジノにも活かされている。

 

なかでも、スロットはシリーズ初の“目押し”ができるようになっており、“フリーズ演出でリール逆回転”のボーナス確定など、本物のスロットさながらの演出も。さらに“液晶の演出によってチャンスを示唆する”、“高性能データカウンター有り”、“□△○ボタンでリールを止める”など細かな演出もあり、とにかく作りこまれているのだ。

 

このスロットに対して、プレイヤーからは「ガチすぎるだろ!」「マジでやめられない」「スロットが面白すぎて本編進まん」「スロット3時間で100万増えてた。現実だったら良かったのに」「51時間のうち、40時間くらいスロットプレイしてる」「最近の趣味はドラクエのスロットです」と大好評の声が。また、「本編より気合い入れて作ってないか?」「開発スタッフの熱意とこだわりを感じる」との声も上がっている。

 

一部からはスロットに批判的な声も……

絶賛の声が相次ぐスロットだが、一部からは「射幸心を煽る」と批判的な声があるのも事実。「ドラクエXI」は、CEROレーティングがAのため“全年齢対象”のゲームであり、子どももプレイすることができる。そのため「規制しろよ」「いますぐPS4版を回収するべきだ」と冗談か本気かはわからない声も見受けられる。

 

しかし、「このスロットに飽きたら現実のスロットに興味を持たなくなりそう」「お金かからないし別にどうでも良くない?」「リアルマネーかけてるわけじゃないしいいと思う。これ叩くならソシャゲのガチャの方が叩かれそうだけども」「3DS版はこのスロットないし、そこで住み分けさせればいい」との声が上がっている。

 

「スロッターはここで旅が終わる」と評判の高い「ドラクエXI」のカジノ。本編と合わせて、ミニゲームのやり込み要素が多めなのも同作の魅力のひとつといえるだろう。