エンタメ
アニメ
2017/8/16 15:00

シャアのヘルメットのモチーフはあのキャラだった? 「FF」「ガンダム」「シャーマンキング」のクリエイターが地上波に登場し大反響!

8月7日に放送されたテレビ番組「グレートコネクション」(日本テレビ系)で、マニアにとっては“神”のような人物が続々と登場し、ネット上で話題になっている。

出典画像:「ファイナルファンタジー」SQUARE ENIX公式サイトより。
出典画像:「ファイナルファンタジー」SQUARE ENIX公式サイトより

 

「FF」のデザイナー登場にネット上がざわめき!

「グレートコネクション」は、「あなたよりスゴイ友達を紹介してください」というインタビューを繰り返し、どんなスゴイ人に出会えるのかを検証する番組。

 

この回でまず注目を集めたのが、「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインを手掛けている天野喜孝の登場だ。幻想的なタッチから世界中にファンがいる天野のアトリエに番組が潜入。お洒落で開放的な作業部屋に置かれたデスクにはさまざまな筆が置かれているが、天野自身「どれがどれだかわからない」とのこと。締め切りが3~4年前の作品も出てきたが、「まだやっていない」「まあいいかな」とマイペースっぷりを発揮。これには「どんだけアバウトなんだよ! 笑」「天才にしか許されない働き方」とツッコミが。

 

さらに番組内では、地下室をテレビ初公開。地下には「ファイナルファンタジー1」など初期のデザイン画が保管されており、その中から天野は1枚を手に取る。レポーターに「FF1ですか? FF2ですか?」と聞かれると、天野は「あんまり聞かないで」と濁し、自身でもよくわかっていないようす。どこまでもマイペースな天野だが、ファンは「これは超貴重な映像」「これだけで特番組めるレベル」と歓喜していた。

 

シャアのモチーフは意外すぎるあのキャラ!

そんな天野が紹介したのが、「ガンダム」シリーズのモビルスーツデザインを手掛ける大河原邦男。ザクやガンダムを生み出した神クリエイターの登場で「大河原さんまで出てきちゃったよ!」とネットは興奮状態に。大河原の作業部屋には1/12スケールのザクが置かれており、ガンダムのモデルは「サムライ」といった裏話も明かされた。

 

この大河原が紹介したのは、「ガンダム」シリーズのキャラクターデザインを手掛けている安彦良和。シャアやアムロの生みの親で、38年にわたり「ガンダム」キャラを描いてきたレジェンドの作業部屋にカメラが入ると、シャアの設定資料がお披露目。

 

シャアの被っているヘルメットは、ダース・ベイダーのヘルメットからインスパイアされたという裏話が明かされると、「えええそうだったの!?」「まさかそこからきていたとは……」と驚きの声が。ちなみに、ダース・ベイダーは戦国武将の鎧兜をモチーフにしていると言われており、ここでも結果的にサムライが登場。メカデザとキャラデザの無意識の繋がりが垣間見えた。

出典画像:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトより。
出典画像:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトより

 

この番組ではほかにも、「シャーマンキング」の作者・武井宏之が顔を出して出演。プラモデルだらけのオフィスやネームを公開し、「武井先生とかレア過ぎる」「武井先生登場が不意打ちすぎて声出た」と大反響が起こっていた。神々が降臨した「グレートコネクション」。偉人の友達はやはりスゴイ偉人だったようだ。