エンタメ
アニメ
2017/9/16 20:00

「悟空のように叫ぶ」「ナルトのように走る」企画が世界各地で拡散中! 海外アニメファンの愛情表現がクレイジーすぎる

世界中で大人気を誇る「ドラゴンボール」。しかし、海外ファンの作品に対する愛情表現は日本人と若干異なるようで、昨今ではとても奇妙な「ドラゴンボール」の企画が開催されている。

出典画像:「ドラゴンボール超」公式Twitterより。
出典画像:「ドラゴンボール超」公式Twitterより

 

「悟空のように叫ぶ」企画が世界各地で開催!

YouTube、Twitter、Facebookなど、ここ最近でアップされるようになった動画が「Scream Like Goku」というもの。日本語で「悟空のように叫ぶ」を意味するこの動画内では、広場や公園、大学に集まった男女が「ハアアァァーーーーーーーー!!!!」と大声で叫んでいるのだ。

 

叫んでいる人たちは、悟空が気を高めるときと同じようなポーズをとり、なかにはかめはめ波を放つときのポーズに入る人も。男性も女性も入り混じって、みんなが悟空のように叫ぶイベントは世界各地に拡散中で、数人規模で叫んでいる動画から数百人規模と思われる動画など、数多くの動画がネット上に投稿されている。

 

これに対して海外では、「なんてクールなんだ」「彼らはフリーザを倒そうと頑張っているんだ」「私も悟空になって叫びたい!」「今年のトレンドになるね!」「ハハハ、クレイジーだ」といった反響が。そしてニュージーランドでは、「かめはめ波大会」を毎年のように開催。ここでも性別関係なく出場者が力いっぱい「KA、ME、HA、ME、HAAAAAAAAAAAA!」と叫んでおり、叫ぶ系のイベントは海外ではウケがいいらしい。

 

「ナルトのように走る」企画も開催中!

海外では「悟空のように叫ぶ」企画より少し前から、大人気漫画「NARUTO -ナルト-」関連の奇妙な企画も開催中だ。こちらは「NARUTO RUN」というもので、作中に登場する忍者の独特な走り方をみんなでマネしようというもの。同じくネット上には多数の動画が上がっており、参加者は砂浜、街、公園などに集まり、前かがみで両腕を背中側に持ち上げて走っている。

 

アジアやアメリカなどの世界各地で行われているこの企画は現在も拡散中で、Twitterなどに動画が投稿され続けている状態。これを受けて海外では、「俺もこれに加わりたい」「なんて素晴らしいフォームだ」「ちょっとヤバいやつらに見えてしまった」「次のホラー映画ではこの走りを採用してほしいね」といった声が寄せられていた。

 

次はいったいどんな企画が発案されるのだろうか。海外アニメファンの熱狂ぶりは日本の常識をはるかに超えているようだ。