エンタメ
ムー
2018/9/1 20:00

【ムー古代の予言】精霊カチーナは異星人か? 古代ホピ神話と終末予言の謎

アメリカ合衆国南西部の名高い景勝地グランドキャニオンのすぐ東側に、アリゾナ、ニューメキシコ、ユタ、コロラドの4州境が合流することから“フォーコーナーズ(4州境合流点)”と命名された地点がある。

その座標地点に建造された円形の金属床面には、「神の下、自由を享けて、4州ここに集う」と英語で記され、その中央の白い円形の陶製銘板には、十字が彫り込まれて4州それぞれの方角がひと目でわかるようになっている。

フォーコーナーズの4州境界合流点の標識。手前がアリゾナ州、右側はニューメキシコ州、左側がユタ州、向こう側がコロラド州。

 

このフォーコーナーズ付近に広がるのが、西部劇映画でおなじみの先住民インディアン、アパッチ族の同族とされるナバホ族が居住する特別居留地の“ナバホ国ネーション家”だ。

 

さらにそのナバホ国家にぐるりと囲まれるようにして存在するのが、“ホピランド”(ホピ国ネーション家とも。ホピ語では“ションオポビ”)と呼ばれる土地で、アメリカ最古の先住民を自称するホピ族の人たちが、3つのメサ(平頂丘)上にそれぞれ、オライビ村など3つの小さなコミュニティを形成して、独特の“カチーナ”信仰を守りながら平和につましく暮らしている。

 

ヨーロッパから白人たちが押し寄せる大航海時代(15〜17世紀)のはるか以前から、南北アメリカ大陸最初の先住民として住んでいたインディアン(北米)ないしインディオ(中南米)と総称される諸部族の中でも、このホピ族は際立ってユニークな存在だ。

 

彼らの族長と長老たちが先祖代々口伝口承してきた、その発祥を辿れば恐らく有史前にまで遡れる神話伝説に基づく主張は、近現代に発展した欧米アカデミズムにおける人類学や歴史学の専門家たちが組み立てた通説や定説とは真っ向から対立する。

メサ(平頂丘)上にあるホピ族の集落近景。

 

たとえば、われわれが学校で教えられてきた最有力とされる定説では、シベリアとアラスカの間に横たわるベーリング海峡が、1万数千年前の最終氷河期には凍結して陸橋化していたおかげで、アジアの極東付近に住むわれわれ黄色人種の祖先たちがその陸橋を渡ってまだ無人の地だったアメリカ大陸に進出し、最初の先住民として南米の最南端まで到達したとされる。

 

だが、現代ホピ族の大長老オズワルド・“ホワイトベア”・フレデリック(1905〜1996年)によれば、彼らが畏怖と尊敬を込めて“ヒサツェノム(太古の御方かた々がた)”と呼ぶ遠い祖先の時代から、代々の長老たちが語り継いできた古代ホピ神話は、それとはまったく真逆の説を主張する――

 

「われわれホピ族の祖先たちは、アジアからベーリング海峡を経由して北米大陸を南下し、現在のアリゾナ州内に定着したのではない。真実はそれとはまったく逆だった。

 

遙かな遠い昔、現在の時の測り方に換算すれば、およそ8万年の太古の時代に“カッスカラ”という超古代文明大陸が天変地異に見舞われて、今では太平洋と呼ばれる大海のど真ん中に沈んだ。

 

だが、カッスカラ大陸が沈む直前、大船や“空パトゥーボタ飛ぶ楯”という飛行装置で脱出した祖先たちは、沈む故郷と入れ替わって新たに出現した現在の南米大陸に辿り着いた。

 

それから長い時をかけて陸地を北上しながら、しだいに中米と北米の各地に分散しながら拡散し、最終的にホピ族直系の祖先たちは、アリゾナのこの付近に安住の地をやっと見出したのだ!」

現代ホピ族の大長老オズワルド・"ホワイトベア"・フレデリック(左)とナオミ夫人。

 

〝聖なる古代予言〟の大いなる謎

さらに古代ホピ神話は、ホピ族が先祖代々崇めてきた神秘的な超自然生物“カチーナ”の話を抜きには決して語れない。

 

大長老ホワイトベアの主張によれば、カチーナは空想上の神話動物ではなく、あくまでも実在する生身の天上生物だという。

 

カチーナはまた、人間が太古の昔から何度も文明を興しては、繁栄と堕落と破滅を繰り返すのを見守りつづけてきた生物で、ときには陰ながら人間の営みを手助けしてくれる存在でもあるという。

 

さらにホピ族は遠い祖先の時代から、人類文明の興亡に関する“聖なる古代予言”を、途絶えぬように代々大切に守りつづけてきた。

ホピ族は独特の"カチーナ"信仰を守り暮らす。写真はホピ神話の物語を忠実に再現したカチーナダンス。

 

その古代予言によれば、次にまたこの世界が終わる“大いなる浄めの日”が訪れる直前には、この世界が創造され、新たな歴史が始まるのを見届けるとともに再来を約束して去った“消えた真のパハーナ”が、再び降臨するという。

 

ホピ語でパハーナは「白い兄」(白人)の意味だが、“真のパハーナ”は人のことではなく“白く輝く神”を意味するという。

 

はたしてこれらは、いったい何を表しているのか?

(ムー2018年9月号 総力特集「ホピの終末預言と失われたムー大陸の謎」プロローグより抜粋)

 

文=南山宏

 

「ムーPLUS」の超常現象ファイルはコチラ

TAG
SHARE ON