エンタメ
映画
2018/10/14 6:30

佐藤健&高橋一生、互いの好きなところを告白「横で見ていて、いいなあって」

映画「億男」(10月19日(金)全国公開)の公開直前イベントが行われ、佐藤健と高橋一生が登壇した。

川村元気による同名小説を大友啓史が実写化した本作。借金の返済に追われる主人公・一男(佐藤健)が、3億円の宝くじに当せんしたことをきっかけに物語が展開していく。

 

来週公開を迎えるが、佐藤は「面白いという自信を持っているので、もう公開しちゃっていいんですけどね」と笑顔。ひと足先に見た周りの人たちからも「総じて評判がいい」そうで、「今日見て面白いなと思った方は、ぜひ周りの人たちに広めてもらえたら」と語った。

 

佐藤演じる一男の友人・九十九役の高橋も「おおむね評判いいです」とニッコリ。「僕も映画を見て、素敵な作品に参加させてもらえたなと思いました。公開されたら、できたら劇場の外に出て一人ひとり感想を聞きたいぐらいです」と自信をのぞかせた。

 

原作文庫本の発売を記念して実施されたキャンペーン『あなたの幸せは、おいくらですか?』では、“幸せは○○円で買える。なぜなら、○○だから”に当てはまる言葉を募集。1万3787通の応募の中から、イベント中に【大賞】と佐藤&高橋が選ぶ【特別賞】が決定。

 

大賞は“幸せは2500円で買える。なぜなら、主人と出会った出会い系サイトの登録料だから”。大賞作品に佐藤は「意表を突かれた!」と言い「『出会い系サイト』ってネガティブなイメージもありますが、シンプルに『主人と出会えたことが幸せ』と幸せに結び付けていて素晴らしい一句。キュンとした」と。

 

特別賞には“幸せは禁円(煙)。なぜなら、禁煙したら妻と子供が優しくなったため”に。佐藤は「禁煙したら優しくなって幸せにつながっていて、映画のテーマにリンクしている部分もあっていいと思う」と理由を明かした。

 

また、主題歌「話がしたいよ」にちなみ、佐藤と高橋への質問コーナーが。『お互いの好きなポイントは?』という質問に「何でこんな人前で言わなきゃいけないんですか、照れるな~」と照れつつも、佐藤は「一生さんは、人をもてなすことが好きらしく。家でお友達を招いても、一人キッチンで料理しているとお話を聞いて。そういうところが好き」と告白。

 

すると、高橋は「まだ健君が(家に)来てくれていないので、ソワソワしている。どうやって彼をもてなそうかと考えながら、誘うタイミングをうかがってます」と。そんな高橋に佐藤の好きなところを聞くと「笑うときに顔を伏せながら笑うんです。それを横で見ていて、いいなあって思ってます」と明かした。

 

さらに『ストレス解消法は?』という問いに、高橋は「プラネタリウムかな。前に住んでいた家の近くに小さいプラネタリウム施設があって、見に行くのが好きでした」と。佐藤は「お風呂!最近、確信に変わったんですがお風呂って気持ちいいなって。(ジェスチャーをしながら)ダーッて湯船につかるのが好き」とコメント。

 

そして『次共演する時は、お互いどんな役柄がいい?』という質問に、佐藤は「基本的に対立というよりも同じ方向を向いている役がやりたい。『ハングオーバー』とか『オーシャンズ11』とか、仲間として共演したい」と願望を明かすと、高橋も「2人『ダイ・ハード』で、ボロッボロになるぐらいのハードアクションをやってみたいですね」と語った。

 

映画「億男」
10月19日(金)より全国公開

TAG
SHARE ON