エンタメ
2014/12/22 21:58

激戦区は新橋! 立ち食いそばの名店を100店ずらりと紹介

400円で大満足! かけそばなら200円台もあり!!

a_DSC6469M
JR総武線・市川駅近くの「鈴家」のかけそば+ゲソ天

立ち食いそばはそのコストパフォーマンスの高さからサラリーマンのランチとして、存在価値の高さを示し続けている。
かくいう当編集部でもその人気は絶大。編集部がある五反田には名店「そば処 ことぶき」や有名チェーン店(ゆで太郎、名代 富士そば、吉そば、小諸そば)など、立ち食いそばがひしめくため、ランチだけでなく夕食、夜食にそばをすすることが多い。なかには1日3食そばを食べる「そば通」もいるほどだ。
そんな「立ち食いそば愛」がほとばしる我々が作ったムックがこれ!

 

学研ムック 「立ち食いそば名店100 首都圏編 ポケット」 690円+税
学研ムック
「立ち食いそば名店100 首都圏編 ポケット」
690円+税

東京を中心に神奈川、埼玉、千葉の有名立ち食いそば店を100店収録。各店のイチオシメニューを2つずつ(計200杯!)紹介している。

ここで紹介する店は立ち食いそばといっても、だしにこだわった店ばかり。麵もゆで麺だけでなく、生麵や冷凍麵など、店主こだわりのそばを用意している。もちろんかき揚げなどのトッピングもこだわりあり。本誌は「えっ、これが立ち食いそば?」と驚く店のオンパレードなのだ。

a0416soba-2tM
新橋「おくとね」のまいたけ天そば

 

a0422soba-10t
椎名町「南天」の肉そば

 

100店紹介しているので、自宅や仕事場の近く、仕事で立ち寄る地域などで食べられる店が誰が読んでも多数あるはず。通勤時に前を通るあの渋い店が実は名店だった、ということも多いだろう。
ちなみに激戦区は新橋、秋葉原、新宿など。これらの場所は仕事で出かけたり、通ったりする機会が多いので、気軽に立ち寄ることができる。本誌を手にして、ぜひ訪れてもらいたい!

本誌はエリア別(都心3区/城東・城北エリア/城西・城南エリア/神奈川・千葉・埼玉エリア)で店を紹介しているので、希望エリアの名店が見つけやすい。また、コラムとして「エキナカのうまい店」「立ち食いうどんの名店」「チェーン店の鉄板メニュー」もあり、内容はバラエティーに富んでいる。

立ち食いうどんの名店「おにやんま」(五反田)のとりちくわ天ぶっかけ
立ち食いうどんの名店「おにやんま」(五反田)のとりちくわ天ぶっかけ

 

 

A5サイズでバッグにも忍ばせやすいので、ぜひチェックしていただきたい!

「立ち食いそば名店100 首都圏編 ポケット」

TAG
SHARE ON